ハーフノート(札幌)♪徒然日記

札幌のジャズライブ 「ハーフノート」 の徒然日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
家に帰り深夜にパソコン作業をしたり、考えごとをすると夜が明け、
寝られないことはよくありますが、久々に完全徹夜してしまいました。

この年齢にはちょっとこたえます。
本日は気合いを入れて、栄養ドリンクでも飲みながら、一日を優雅にやり過ごそうと思います。
ファイト!



スポンサーサイト
このページのトップへ
たまたま中学の同級生と、高校時代のバイト仲間がお店に来ました。
いくつになってもみんな平等対等で、どんな偉い肩書きになってても呼び捨てで名前を呼べるのが当たり前で不思議です。
なぜか女子は男子を名字で呼び捨てが多いです。

数十年会ってなくて、お互いおじさんおばさんになっても、学生服を来てたときと同じ。
格好つけなくていいので、凄く楽です。
不思議ですね、同級生って。ちょっと家族が増えたみたいで嬉しいです。

ジャズのお店ハーフノートは、一日限りスナック化しておりました、
カウンターのお客様ごめんなさい(汗)。



このページのトップへ
水曜日ボーカルライブ、歌わせて頂きました。

ライブが終わってから、ジャズ通なお客様とピアノの豊口さんと、ボーカルの話で盛り上がりました。
私以外のお二人は、私が一番大好きなボーカリスト、カーメン・マクレエと実際に会ったことがあるのです。
カーメンと話をした時のこと、ライブや楽屋での様子等々たくさん伺いました。
いつもDvDや古いビデオ、YouTubeなどでカーメンのライブ映像は見まくっておりますが、実際に会ったことは私はないのです。

よくお店のカウンター越しに、ハーフノートでカーメンが歌っているところや、弾き語りしている映像が浮かんできます。
もしハーフノートにカーメンが現れたら、私はたぶん気絶してしまうか、お店の鍵を閉めてお客様を閉め出し、独り占めするかのどちらかでしょう(笑、マジです)。
(ちなみにカーメン・マクレエは1994年に亡くなっています)

ほとんど妄想の世界ですね。私が好きなボーカリストは、たくさんいますが、私にとってはカーメンほど言葉が心に届いた人は居なかったです。
歌手にとっては歌詞を伝えることが一番大切。
CDを聞いていても、3mじゃなくて2m先で、私の為だけに歌ってくれてる感じがするんです。

皆さんにとっても、この人は、とか、この一曲は、とか、きっとありますよね。
あ~ 語り出すと明日になってしまいそうなので、また次の機会に少しずつ語ることにします。



このページのトップへ
先日亡くなられた田中好子さん(スーちゃん)が残した最後の肉声メッセージを聞いて泣きました。
天国に行っても被災者のお役にたちたいと。

どうして自分が死に直面するときに、被災者の方を思いやれるのでしょうか。
心の美しい人は神様に早く天国に召されるのでしょうか。
映画にもっと出たかったテレビにも出たかった、無念だったことでしょうね。

息苦しくてたどだどしい肉声でしたが、
人に対する感謝と思いやりでいっぱいのメッセージに大変心を打たれました。
もう今日から、自分が苦しい時にも、人を思いやれる人間になりたいと本当に思いました。



このページのトップへ
昨日はアマチュアとプロのセッションの日。

皆さん、最初いらした頃とは別人のように、本当にどんどん上達されて毎回驚きです。
昼間お仕事しながら、いったいいつ練習しているのでしょうか。
好きこそ物の上手なれとはよく言ったものです。
好きな人にはかなわない。そこに費やしてる思いというのは、必ず人の心に届くものですね。

私も毎回アマチュアの方から勉強させて頂いています。
そう考えると、人に感動を与え、しかもそのことでお金を頂いているプロの仕事の、責任の重さを感じます。
見えないものでお金を頂くわけですから、それは凄いことですよね。



このページのトップへ
祐ちゃん祝2勝目。
近く洗礼を受けるような予感がします。
運も実力のうち、ルーキーで2連勝は凄いです。

日曜日はスポーツ観戦Dayでした。
ゴルフの石川遼君、体操の内村航平君、野球の斉藤佑ちゃん、全部見て元気にならないわけがありません。
(テレビばかり観すぎました)
みんな若いのに本当に凄いです。誇らしささえ感じます。

そういえば、夕張の新しい市長さんは30才。そして投票率も82%でした。
自分が若い時に、親や親戚上司や年上の人達から、若い人は何でもできるとか、まだまだ大丈夫とか言われ、その時は何も思いませんでしたが、今はよくわかるようになり、自分もだんだん言う立場の年齢になってきました。
社会の中でも責任ある立場や場面も多くなって来て、注意されることもどんどん少なくなり、まだまだ若いからなんて言われることも少なくなりました。

先日また一つ年を重ね、若い人達の為にも、もうそろそろちゃんとした大人にならなきゃと思っているのですが、、、う~ん、まだまだです(笑)。



このページのトップへ
週末らしい活気のある土曜日でした。

尺八奏者の菅原久仁義さんが遊びにいらっしゃり、豊口さん(p)北垣さん(b)に加わって頂きセッションとなりました。
尺八のジャズなど聞く機会はあまりありませんし、独特の音とパフォーマンスに、お客様も大喝采でした。
曲は「枯葉」と「サマータイム」。
テンポもリズムも渋くて、すばらしかったです。

こんな時いつも演奏に夢中になってしまい、気づくと写真を撮り忘れてしまい、またしても画像がありません。
ちなみに先日のバースデーライブの時の写真もありません。
デジカメはお店に常備しているのに、また今回も使えず終いでした。



このページのトップへ

嬉しい出来事と、悲しい出来事が半分ずつありました。
そんな時、お客様から頂いたお花に救われました。
植物の力って凄いですね。お花に囲まれているだけで、穏やか気持ちになれます。

お店の空気も澄んでいる感じがします。
お店は特に乾燥が酷い上、日に当たりませんので、一週間と
持ちません。

そのはかなさやゆえに、美しさも格別なのでしょうね。





このページのトップへ
20日の自分のバースデイライブの録音を聞きました。
また例のごとく寝れなくなりそうです(笑)。
お客様の暖かさが、とてもよく伝わって来ました。

それから、歌はともかく、強力サポートして頂いた豊口さん舘山さん粟谷さんの演奏は素晴らしかったです。
リハーサルとは違うスリリングな事も多々ありましたが、暖かいメンバーとお客様のおかげで、楽しく演奏させて頂くことができました。

と、忘れてはいけないこと。
スタッフがしっかりお店の事をやってくれたので、ずいぶんと気持ちが楽でした。
こうやって、皆さんにサポートして頂いて、ハーフノートというお店が成り立ってることを、更に実感。
この事を毎日忘れてはいけないですね。
昨日に引き続き感謝モード全快です



このページのトップへ
バースデイライブに来て頂いたお客様、ありがとうございました。
ただただ感謝でいっばいです。

また今日から、皆様に喜んで頂ける歌が歌えるよう、精進いたします。

本当にありがとうございました。



このページのトップへ
昨日は、お客様にお寿司の差し入れを頂きました。
(実はご家族のお土産だったのに、もう寝てしまったのでと言うことで、頂きました。ごめんなさい)

普段お寿司屋さんに入ることなどありませんが、高級なネタがたくさん入っていました。
うに、いくら、金目鯛、ほっき、カニ、トロ、エビ、ホタテ、ヒラメ、サーモン、サバなどなど。
あと、卵焼き。
これが重要、大好きです。
ちなみに私はウニ、エビ、いくら、トロetc、、を(笑)。
ピアノの豊口さんはホッキ貝が好きだそうで、金目鯛も食べてました。

どれも美味しく頂きました。日本人に生まれて良かった。

これでバースデーライブ頑張れそうです!



このページのトップへ
お誕生日のお客様が二組いらっしゃいました。
しかも偶然、お二人とも還暦。
還暦って60才?!

最近の方々は皆さん若くて驚かされます。
昔の60才とは全然違います。
若さの秘訣は何なんでしょう。
お仕事だったり家族だったり、趣味だったり。
服装や身だしなみもあるかもしれません。

多分一番大きいのは考え方や心もちのような気がします。
あと、姿勢も大事ですね。気持ちが前向きで、シャキッとしてると若々しい印象を持ちます。
逆にいつも下向きかげんで背中が丸まってると、若さが半減して見えます。

どんな時も、明るい表通りに出て前を向いて歩いていれば、幸せな気分になるさという大好きな曲を思い出しました。
「On The Sunny Side Of The Street」



このページのトップへ
最近、日曜日もチャリティーライブやお店の仕事で休日出勤が続き、久しぶりに
ゆっくりできました。

そして、佑ちゃんの初勝利の瞬間が見れて、大満足です!
球場に行かれた方々はさぞかし興奮したことでしょうね。
今は決して明るい世の中とはいえませんが、一人の若者の存在が、こんなに北海
道を、全国の野球ファン、子供達、野球好きでないおば様達さえを笑顔にしてく
れるのは、素晴らしいことだと思います。

日本ハムファイターズというチームには、いつも明るさがみなぎっていて、とて
も魅力的な組織だなと思っています。
お金にもの言わせて強力な選手を取るわけでもなく、もともと凄い選手が多いわ
けでもなく。
でも次々と若い選手が育ってきて、ベテランとのバランスがいい。
そして、何より野球をよくわからない人々をも、球場に足を運んでもらう為のフ
ァンサービスや、地域密着型のいろいろな取り組みには、学ぶべきものがたくさ
んあります。

やはり魅力あるものに人は集まるんですね。
ジャズ界も、まだまだ頑張らなければ。



このページのトップへ
昨日もハーフノートは素敵なお客様ばかりでした。

土曜日は休日という方も多いので、皆さんプライベートでいらっしゃいます。
ご夫婦やカップル、遠方からいらっしゃってくれる方、単身赴任で週末に帰って来られた方、そして初めてお店に来られた方など。
土曜日は、平日や金曜日とはまた違ったお客様が多いです。
お休みの日に、これだけのお店がある中で、ハーフノートを選んで来て頂いて大変感謝です。

もちろん平日、お仕事をしてお疲れ様の来て下さるお客様にも、いつも大感謝です。
来て頂いたお客様皆さんに、良い時間を過ごして頂けたのだろうかと、いつも考えます。

まだまだお客様から学ばさせて頂いてる事のほうが多い日々です



このページのトップへ
金曜日、やっと日本ハムファイターズが1勝。

私は幼い頃から父の影響で、スポーツ観戦が大好きです。
円山球場にも何度となく行きましたし、小学校の時から外で遊んでいても、夕方5時には大相撲を見るのに帰るような子供でした。
このお店を開店する時にも、昔からの友人にはスポーツバーやったら?と言われたくらいです。

音楽と同じで、スポーツも世界共通、感動を与えてくれます。
ジャンル問わず、真剣に取り組んでる姿には、いつも釘付けです。
17日日曜日には、佑ちゃんが登板するとのことで(残念ながら球場には行けませんが)今から楽しみです。

ハーフノートはジャズをよく知らない方も大歓迎ですが、来て下さるお客様もプレイヤーも、なぜかスポーツ好きな方がとても多いです。
音楽聴いた後は、スポーツの話で盛り上がりましょう!



このページのトップへ
健康でいるために無くてはならないもの、睡眠・食事・運動 等々、みなさんも気を付けていると思います。

夜型の仕事のせいか、どうしても毎日が寝不足気味になってしまいます。
本来人間は日の出と共に起きて活動し、暗くなったら寝るように出来ているんだと思います。
その自然の流れに逆らった生活をしているのですから、ある程度の睡眠不足は仕方ないかなとも思います。(夜型に体が合う人は2週間でわかるそうです。)
だだ、睡眠不足を補うかのように食べるので、何とか体が持っているんだなと思います。
高熱が出ても悩み事が重なっても、とにかくしっかり食べます。

今の時代、忙しい大人達だけでなく、その子供達も朝食抜きとかと言う話を聞きます。
私には、コーヒーだけ、バナナだけ、シリアルだけとかいう食事なんて考えられません。
若い頃は毎朝パン食でしたが、ここ数年は玄米にはまっていて、味噌汁を飲まない日もほとんどありません。
野菜が大好きなので、大抵温野菜にして、気に入ったオリーブオイルと岩塩をかけて食べます。
昼もパンかご飯か麺類かを必ず食べます。

ただ夜中の食べ過ぎ、カフェインのとりすぎ、寝酒などは深い睡眠を妨げるそうですし、間食のし過ぎも疲れを招くそうです。
あれ??全然ダメでした(笑)。

質の良い食事を心がけたいものです。



このページのトップへ
先週の日曜日からずっと寒気がしてます。

水曜日はボーカルライブでしたが、お店は非常に乾燥し、ずっと喉が痛かったです。
今まで一度だけ40度の発熱でお店を休んだ事がありますが、風邪は気合いで治せるものだと思い込むようにしています(笑)。

来週20日のライブに向けて風邪なんかひいている暇はないので、また今回も気合いで治します!
4月って寒いですよね。
昼間出て来る時は暖かくても、帰る頃は夜中なので寒いです。

季節の変わり目、みなさんも風邪にはお気をつけ下さい。
気合い気合い♪



このページのトップへ
福島原発の原子力事故評価レベルが7に修正になり、ちょっと政府の言うことが信用できなくなってきました。

テレビに出ている原子炉の専門家も楽天的な意見ばかりですが、日増しに悪化する状況です。
この事故が起きた時、真っ先に危機感を持っていた外国の方々の意見には、その時はあまりピンときませんでしたが、今はだいぶ理解できます。

こうしたらいつ頃までにこうなります、と、早く伝えてもらいたいものです。
私でも不安なのですから、これだけ余震が続く中、現地の方々はどんなに不安かと思います。



このページのトップへ
アコーディオンとギターのライブ。

アコーディオンというと、NHKのど自慢の横森さんを真っ先に思い浮かべてしまう方も多いのでは。

ハーフノートでは、数年前まで毎月アコーディオンナイトを行っていて、そのときは私は、ピアノを演奏しました。
私もアコーディオンのことがよくわからず、いろいろなジャンルから聴いてみました。

紅白にも出たcoba、札幌出身の桑山哲也さん、福居良さん。
フランスのミュゼット音楽は、凄く好きでした。
アコーディオンではありませんが、タンゴではバンドネオンのピアソラや小松亮太も聴きました。

一番好きなのは、フランス人ジャズアコーディオン弾きの、リシャール・ガリアーノ。
プルーノート東京にも来日しています。

ぜひ一度、アコーディオンも聞いてみて下さい。



このページのトップへ
選挙に行って来ました。

特別政治に詳しい訳でも無く、特別に応援している人がいるわけでもありませんが、選挙に行かなかったことはありません。
いつも驚かされるのは、投票率の低さです。
50%前後の人しか意志表示をしないことに、ほんとに日本は大丈夫かなーと思います。
誰に投票して良いかわからないことはしょっちゅうです。
新聞読んだりいろいろ頑張って、とにかく投票には行きます。
投票率がもし毎回95%だったら、もう少し違った世の中になるような気がします。
よくわかりませんが、大阪や名古屋は変わりつつあるのかなと思います。

当選した石原都知事が、東京の節電対策の中で、都会の自動販売機の多さに触れていました。
一歩出ればコンビニだらけの中、確かに自販機の電気代はムダかもしれません。(メーカーの方々は大変でしょうが。)
会見だけ聞いていると、何だか石原総理大臣って感じでした。



このページのトップへ
「I 'll Remember April 」 「Joy Spring」
「Spring is Here」

etc,,,春にちなんだジャズのスタンダード曲はたくさんあります。

その中でも私が最も好きな曲は「April in Paris~パリの四月」
4月になるとこの曲の演奏を聞く機会が増えて、とても嬉しいです
ハーフノートでも金曜日はトリオでスウィングで、土曜日はピアノ&ベースDuoでスローで演奏されました。

この曲の素晴らしい演奏はたくさんありますが、私が個人的に特に好きなのは、ロマンチックで劇的な、エロール・ガーナーの演奏です(「Concert By The Sea)より )
いつか憧れのパリの地で、四月を実際に体感してみたいです。



このページのトップへ
今週も静かな金曜日でした。

ハーフノート初登場ドラムの宇野さん、ベース粟谷さんの若手+ピアノ豊口さんのトリオ。
お店に、また新しいサウンドが流れました。

比較的ベテランの出演が多い当店ですが、円熟味を帯びた渋く暖かいサウンドの心地良さと、若いプレイヤーのエネルギッシュかつ楽しげな姿、どちらもハーフノートのライブの一ページです。

耳も目も心も楽しめます。
私にとって、やはりライブは最高です♪



このページのトップへ
最近、年々体力の衰えを感じます。
10年前にお店をオープンした時とは全然違います。

私はヨガやストレッチをするのが日課です。
(めちゃめちゃ身体は固いです)
特に足腰が弱いので、毎日、四股立ちのポーズをしています。
時間がある時はヨガ教室にも出かけます。
お客様で整形外科の先生も、四股を踏むことをとても推奨しておりました。
あと、ボイストレーニングの本にもそんな事が書いてありました。

女優の森光子さんは、1日100回のスクワットをかかさないそうです。
足腰が強くなると、しっかり地面を捉える感覚が養われて、何か困難にぶつかった時も踏ん張りが効くような気がします。



このページのトップへ
春の訪れを感じる暖かい一日でした。

毎週水曜日は歌わせて頂いておりますが、4月からは新しくもうひとりボーカル玉村優香さんが加わり、2人で水曜日のステージを担当することになりました。
早速来て頂いたお客様ありがとうございました!

毎回、自分の演奏を録音するのですが(今時まだMDを使っています(^^;)、閉店後、それを聞いてそのまま帰ると恐ろしく寝つきが悪くなるので(笑)、練習をしてから帰宅したりしています。
夜中に練習するのも、ちょっと楽しいかも。

おかげで疲れてぐっすり寝れるようになりました。



このページのトップへ
4月12日のライブのリハーサルも兼ねて、ギターの志藤さんが3ステージ演奏してくれました。
ハーフノートではギターが入る事は多くありません。
ピアノとギターのDuoはなかなか貴重かと思います。ギターの音色と共に、お店の中がとても暖かい雰囲気に変わりました。
来て頂いたお客様も素敵な方ばかりでした。

いつも思うのですが、どんなに上手な演奏や、どんなに美味しいお酒があっても、そこにある空気感が一緒でないときは、居心地が良くないものです。

生演奏もお客様とお話することも食べ物を作ることも、みんなその瞬間がライブですね。
大切にしたいです。



このページのトップへ
会社にお勤めで、実家が農家と言うお客様がいらっしゃいました。

「最近の人達は食べ物をよく残す」と。
昼食をとりに行くと、若い人達の中には「残す勇気も必要」とかいう言葉があるそうです。
高い農業機械を買い、多大な労力と愛情を込めて作るお米や農作物。
しんどさも喜びもわかるから、絶対残せないよ、とおっしゃってました。

女性だと特に、頼んだ物が出てきたら意外に多かったり、味付けが口に合わなかったり。
あげくの果てに、お金払ってるのは自分だから残すのは勝手、とか思ってしまいがちです。
多ければ最初から少なめにしてもらえばいいですよね。

自称味にうるさい自分には、思い当たるところがたくさんあります。
小さい人間ですね。
反省\(__)

福島や茨城で農業を営んでいた方々は、この先どうなるんでしょうか。
単純に、みんな北海道に住んでもらって、農業酪農やれるようにすればいいのに、と思ってしまいます。



このページのトップへ
休日、東日本大震災チャリティーライブに行って来ました(札幌市教育文化会館)。

こんなにたくさんのお客様と、心暖かいミュージシャンが、札幌にはたくさん居る事を再認識いたしました。
そして、そんな皆さんと関われる仕事をさせて頂いていることを、誇りに思いました。

お客様&演奏者の皆さん、本当にご苦労様でした。
(札幌市の方々、どうか次回は会場費用は無償でお願いします!)



このページのトップへ
最近、深夜いろいろなチーズの味噌漬けを試作しています。
土曜日の閉店後に浸けて帰ると、休日明けが楽しみ。

リーズナブルなチーズで充分なのですが、
本日は贅沢にも、春限定の「さくら」~北海道が誇る共働学舎新得農場のチーズ
を、大事にガーゼに包み味噌漬け
(こんなに素晴らしい香りのチーズを、、、生産者の皆さんごめんなさい)。

新しい発見があったら嬉しいのですが、最初から邪道かもしれません(笑)。

チーズ大好きです!

チーズ



このページのトップへ
昨日は、静かな金曜日。

先日突然亡くなられたお客様の会社の方々が「故人を忍んで」と、ご来店下さいました。

その中に、4月1日初出勤の新入社員の方が。
仙台の居酒屋で、故人に見初められて入社したそうです。
大学は、震災で卒業式も出来なかったと。

ワイングラスが一つ多く用意され、故人のお気に入りだった曲がTrioで演奏されました。

こんな時代こそ、若い人達の力は偉大。
頑張って!
おじさんオバサンも、まだまだこれから踏ん張ります。



このページのトップへ
今とても好きな曲があります。
恋人から友達へと変わる人への思いを綴った曲~「I Wish You Love」(1955年 作詞・曲/シャルル トレネ 英詞/アルバートAビーチ)
原作は1946年のシャンソンの曲です。

「春には青い鳥が君の心に歌を送り、
6月には木の葉の群れる林の中でレモネイドが君を涼しい気分に、

そしていつも嵐から守られ、
心地よい暖炉の火が君を暖めてくれたらいいな。
君の新しい恋を願っているよ」

どうか日本中の人々の心に、優しい四季と暖かい未来が訪れますように。

2011年4月1日 阿部優子




このページのトップへ

FC2Ad

Information

halfnote2001
  • Author: halfnote2001
  • 札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

    2016年11月、15周年を迎えます

    ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

Search

Calendar

03 « 2011/04 » 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

halfnote2001

Author:halfnote2001
札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

2016年11月、15周年を迎えます

ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

訪問者数

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。