FC2ブログ

ハーフノート(札幌)♪徒然日記

札幌のジャズライブ 「ハーフノート」 の徒然日記

金曜トリオ、ドラムはハーフノートの大切な重鎮 石橋正彦 さん。

石橋さんは、‘70~80年代を代表する大歌手グラシェナ・スサーナのツアーメンバーなどを務め、東京のジャズシーンで活躍後、北海道に移り住み「パーククラブ」や「アフターグロウ」など、クオリティ高い大人のジャズを熱く聴かせる老舗で長く演奏してこられた大ベテラン。
でもベテランというより、演奏する姿や音のその若々しさで、ファンが多く、若手ミュージシャンの尊敬を集めています(いつも背筋が伸びていて素敵なのです)。

ishibashi_hn.jpg ハーフノートで演奏する石橋さん

昨日は、ドラムのスティックさばきをじっと観察していました。
いわゆる固い棒状のシンプルなスティック(バチ)も、先の細くなってるほうで叩いたかと思えば、左手片方で何度もひっくり返し、太いほうで叩き(たまには返しに失敗することもありそうですが)、はたまたま先にフェルトや毛糸が巻いてあるマレットでティンパニーのような重厚な音を奏で、次には金属のホウキの先のようなブラシで、渋いバラードに。

ちょっとしたスティックの太さや材質?のちがいで、音や音程のちがいもあるし、曲によってまた1曲の中でもとても工夫して演奏しているのを見ているだけで、とても深い世界なのがわかります。

スネアドラムのふちをスティックでたたくリムショットの音は、結構人によって違いがわかりやすかったりして。
両手両足フル稼働です。楽しませて頂きました。
それにしても、急速調の「チェロキー」は何度も聴いてますが、石橋さんのドラムはスピード感が伝わってきて、いつもワクワクします。

ハーフノート、本日はドラム実況中継でした<(_ _)>



スポンサーサイト



このページのトップへ

Information

halfnote2001
  • Author: halfnote2001
  • 札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

    2016年11月、15周年を迎えます

    ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

Search

Calendar

10 « 2011/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

 

プロフィール

halfnote2001

Author:halfnote2001
札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

2016年11月、15周年を迎えます

ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

訪問者数

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR