ハーフノート(札幌)♪徒然日記

札幌のジャズライブ 「ハーフノート」 の徒然日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ベース柳真也さんのリーダーライブ、とてもいいライブでした。

柳さんはオリジナルを始め、ビバップから歌もののスタンダードまで、選曲も幅広く、よく考えられた構成とステージングで、参考にさせてもらうことがたくさんありました。
ボーカル含め、フロント楽器やピアノはリーダーになることは多いですが、ベースがリーダーのライブはそう多くはありません。

柳さんがこのライブの為に、曲の組み立てからMCまでかなり考えてきたのは、ステージを聴いてよくわかりました。
ライブ終了後、リーダーをやるのって大変ですねと言っていたのが、とても印象的でした。
さて、私も、今日は三日後に迫ったスペシャルライブに向け、一人合宿します・・





スポンサーサイト
このページのトップへ

本日6/29土曜日、ベーシスト柳真也さんとピアノ豊口健さんとのデュオライブ。

いつものデュオライブと違うところは、ベースがリーダーというところです。
今日は柳真也さんの選曲とアレンジでライブが行われます。

  

ふだんジャズのスタンダードライブの場合、リハーサルをすることはあまりないのですが、先日柳さんがいつもはやらない自分のオリジナル曲の楽譜を豊口さんあてにたくさん持ってきたので、リハーサルがあります。
今日は気合が入っています。

ぜひ、皆様、聴きにいらして下さい!






このページのトップへ

木曜日レギュラーピアニストの齊藤桃子さんが、一昨日発売のジャズ批評という全国のジャズ本に紹介されました。

レコード店や、書店の音楽コーナーでもご購入できます。
小学生の時から作曲の才能にたけていたことや、クラシックピアノからジャズピアノへと変わって行ったきっかけなど、いろんなエピソードが書いてありました。

桃子さんは、トリオやバンド、オリジナル、ソロ、歌伴、 弾き語りなど、ジャズだけではないジャンルからもたくさんの影響を受けて、何にでも挑戦しています。
東京などにも積極的に出かけ、演奏先やミュージシャンとのコネクションを広げる活動も、積極的にしています。

桃子さんのファンが、たくさん増えていけばいいなと、いつも応援と期待をしながら、毎週ハーフノートでの演奏を聴いています。





このページのトップへ

21才のトランペッター、山田丈造さんのハーフノート初ライブ。

お客様は皆様、期待や応援を込めて、暖かく演奏のあと声をかけて下さる方々ばかりでした。
演奏が終わった後も、大先輩のピアノの豊口健さんから、いろいろなアドバイスを受けていました。

世界のジャズトランぺッター日野皓正さんの名曲「Alone, Alone & Alone」が、思いが深くあらわれた演奏でした。
この曲は、山田さんが北海道新聞に先日取り上げられ、ジャズを始めるきっかけになったそのレコードが紹介されていました。
その記事を豊口健さんが読んで、当日譜面を書いてきました(自分でも持っていたレコードを聴き直したそうです)。

 Hino_Alone160.jpg (Alone, Alone & Alone/日野皓正 1967年)

山田さんは、ジャズファンであるお父さんの影響で小さい頃からジャズばかり聴いていたといいます。
家にあった日野さんのレコードも、熱心なコレクターでもあるお父さんのものだそうです。
今の時代は、私たちの子供の頃と違って、小さい頃からジャズを聴いたり、習ったり、ジュニアのジャズオーケストラなど、ジャズをやれる環境があるので、どんどん若いジャズミュージシャンが出てきます。
そんな、将来に明るい希望が持ちつづけられるような環境がなくならなければいいなと思います。
環境って大事ですよね。

一方、ジャズの管楽器の人は特に、ジャズをやれる状況は厳しい時代になってきています。
プロで食べていくのは大変な職業と楽器を選んだと思います。
絶対に頑張って、職業としてジャズをやり続けていってほしいと思いながら、聴いていました。






このページのトップへ

数年ぶりに、サザンオールスターズが活動を再開します。

私は、サザンの桑田佳祐さんの大ファンで、デビューした時からずっと今に至るまで好きです。
私の中では、日本の最高の天才ミュージシャンの一人だと思っています。
青春時代をともにあり、年を重ねてきた今も、変わらずに好きで聴くジャパニーズポップスはサザンくらいです。
歌謡曲やポップスで育った私も、今はジャズ以外はあまり聴かなくなってしまい、最近の日本の歌謡曲や流行り曲に関しては、浦島太郎状態です。

でも、桑田さんだけは、いつも私の心のヒーローです。
癌を克復し、また、なつかしいあの頃のサザンのメロディーを聞けるかと思ったら、嬉しくてたまりません。
その頃の曲を中心に、全国ツアーをやるそうです。
昔は何度もコンサートに行きました。

近年、ジャズとクラシック、洋楽以外のコンサートには全く行っていませんが、チケットがとれるなら、ぜひ行きたいです





このページのトップへ

明日6/26水曜日は、ボーカルおやすみで、
ハーフノート初登場のトランペッター山田丈造さんと、ピアノ豊口健さんとのデュオライブです。

 

まだ21才ですが、あらゆる札幌のプロミュージシャンと共演し、カルテットなどを中心に演奏活動をし、今注目度No.1との声も。
私も、あちらこちらで演奏しているので、ぜひ一度聴いてみたいと思っていましたが、先日初めてハーフノートに遊びに来て吹いてくれました。
音が澄んでいてとてもキレイでした。

若いですが、古いスタンダードナンバーもとても好きだと聞いています。
最近、北海道新聞でも山田さんのことが取り上げらたようですね。
期待のトランぺッター、皆様のお越しをぜひお待ちしております。





このページのトップへ

日曜日休日、JRタワー日航ホテルの上階にある、天然温泉のあるスパに行きました。

私はジャズ、スポーツ、ワインに並ぶ、お風呂好きです。
家でも日曜日は4-5回お風呂に入ります。
この仕事をする前は、温泉仲間と、秘湯めぐりが趣味でした。

今は時間も休みも充分にないので、遠くまでは出かけられませんが、今日は眺めのいい展望の温泉やジュクジーで、久し振りにゆっくりできました。
5時間くらい滞在していましたが、まだまだずっといたかったくらい、リラックスできました。
外国では、お風呂に入る習慣があまりないみたいですが、こんなに温泉がたくさんある日本、特に北海道はよい温泉の宝庫です。

天然温泉、特に源泉100%のお湯は、いくら入っても、湯あたりはしません。
混ぜ物があるお湯とは、全然ちがいます。
温泉は、素晴らしい日本の文化だと思います。
お風呂、最高!





このページのトップへ

久し振りに賑わいのある土曜日でした。

ボーカルの奈良やよいさんも、たくさんの素敵なノリのいいお客様の前で、とても楽しそうにみえました。
また、東京からトランペッター細川玄さんの飛び入りがあり、アフターアワーズのセッションにお客様も楽しんでいました。

お客様が一人でもたくさんでも、演奏している時の気持ちは変わらないのですが、盛り上がるお客様から演奏者もインスパイアされて、新しいアレンジが生まれたりさらに盛り上がることもあります。
私は平日水曜日にレギュラーを担当することになった時から、満席になるようにという気持ちでやっています。






このページのトップへ

先日、お世話になったお客様の送別会がありました。

オールディーズから70年代の洋楽ポップスからロック、歌謡曲まで何でも演奏しているお店に行き、アバのダンシングクィーンなんてなつかしい曲も、久し振りにバンドで聴きました。
若くて可愛らしいボーカリスト兼カウンタースタッフ数人を含め、全員がミュージシャンでありお店業務をしていました。

ジャズだけにこだわったライブハウスとはまた雰囲気も違い、お客様の層も全然違いました。
でも皆さん、今にも踊り出しそうにたのしげで、演奏の間にはカラオケも盛り上がっていました。
幅広いジャンルと、サービスでお客様が喜んでいたたけるなら、素晴らしいことです。
同じ演奏をする店として勉強になることはたくさんありました。

それと同時に、好きなジャズでお店をやっていること、好きなジャズを歌えることが自分にとってどれだけ幸せなことかと、実感しました。
私は本当にジャズが好きです。





このページのトップへ

昨日は静かな木曜日でした。

お客様がいらっしゃらない時間が少しあったので、久し振りにピアノの齊藤桃子さんに弾いてもらって、一緒に練習しました。
桃子さんのピアノで歌うのは、久しぶりでした。
時間が経過して、お互い別々にいろんな経験をすると、また以前一緒にやった時とは違うことが見えて、すごく勉強させてもらいました。

同じ曲でも歌う人が違えば違うように、弾く人の解釈で、曲の感じもかなり変わります。
同じ譜面で演奏するクラシックの世界でも、演奏者や指揮者が違えばまるで違う表現になります。
毎回違う気持ちで演奏できる音楽ってなんて素晴らしいんだろうと、久し振りに桃子さんと練習して、つくづく感じました。

このページのトップへ

昨日水曜日ボーカルの日は、少しアレンジをしたり、スキャットもいつもよりやってみたり、一曲をいろんな形で試して挑戦してみました。

私はレパートリーは多いほうではないので、同じ歌でも、いかに新鮮に毎回歌うかが自分の課題でもあります。
ふだんバラードで歌う曲でも、あえて違うリズムやテンポで歌うことで、またバラードで歌う時に違った気持ちになれたり、違ったフレーズがでたりするものです。

お店の業務も忙しいので、今は水曜日ときめて歌っていますが、毎日少しでも演奏できたらなーという希望はあります。
昨日も、ステージの合間にピザもたくさん焼きました。
お客様には、日ハムの大谷くんみたいに、二刀流、いやそれ以上だねと言われます(笑)。






このページのトップへ

7/3、東京からベースの加藤真一さんが北海道ツアーにいらっしゃいます。

加藤さんは奈井江出身です。
世界的ジャズボーカリストヘレンメリルとのツアーが終わって3か月余、今は凄い人になってしまったので、なかなか札幌で気軽にライブをやることも以前よりは少なくなりましたが、今回ハーフノートへは2デイズのライブ出演してくださいます。

 kato_shinnichi.jpg

ツアーの初日7/3(水)に、ビアノの豊口健さんと私が、ハーフノートで一緒に演奏させていただきます。
全道10ヶ所くらいやりますか、ボーカルとの共演は私だけだそうです。
なんと光栄なことでしょうか。
7/12(金)にも、ハーフノートで、今度は豊口さんとのデュオです。

今日は、素晴らしいベースをいかした選曲を考えていたところです。
加藤真一さんは、クラシカルな弓弾きから、フリースタイルのジャズまで、変幻自在に楽器を操ります。
曲の解釈も自由で、豊富なアイデアで一曲を作り上げていきます。
あとピッタリ2週間、できれぱお店を休んで毎日10時間くらい練習したい気持ちではありますが(笑)。
まだ残席がありますので、みなさまのご予約をお待ちしております。





このページのトップへ

月一度のハーフノートアマチュアセッション。

ボーカル、ギター、ベース、ドラム、サックス、、、昨日はとてもレベルの高いセッションでした。
まず、みんなジャズが好きだからジャズをやっていますというのが、はっきりと伝わってきます。

聴くだけのお客様も、そんなセッションは毎回感激して帰られます。
ジャズを好きでジャズをたくさん聴いているからこそのフレーズや、リズムのノリなど、みなさんたくさん出ていました。
演奏や歌がとても上手でも、なぜかあまりジャズの香りがしない人もいれぱ、一音出せば、あーこの人はジャズが本当に好きなんだなーとわかる人もいます。

昨日は素敵なジャズを愛する人の素敵なジャズセッションでした。





このページのトップへ

久し振りに、札幌ドームにでかけました。

9回はハラハラドキドキてしたが、とりあえず地元2連勝です。
実は、いただいた食事飲み物フリーのVIP席でした。
散々食べて、ワイン三昧してから、更に前から入ってみたかったフレンチのお店に、二軒いきました。
もうほとんど食べられないので、ワインと軽いおつまみくらいしか頼めませんでしたが。

なぜか、入って席を案内された瞬間に、居心地かいい店かどうかが瞬時にわかるものです。
頭であれこれ考えるより、現場を見るのが一番です。
野球も同じで、テレビで見るより、球場に足を運ぶほうが、はるかに心にのこります。
レコード、CDよりも、ライブの感動。
全て共通なことは、本物を体験することが一番だということです。






このページのトップへ

舛田敏英さんのテナーサックス&クラリネットのライブは、まるで1940年代のビックバンドをバックに踊る、アメリカを思わせるような、スウイングジャズが聴けました。

ピアノの豊口健さんも、スウイングジャズをとても愛し継承しているので、数年ぶりとは思えないほどの、息もピッタリの共演でした
桝田さんのクラリネットが聴きたくてきたというお客様もいらして、今はベニーグッドマンみたいな時代のクラリネットを聴きたくても、生で聞けるところがないからと、楽しみにされていたようです。

鈴懸の径」など、なつかしいクラリネットの名曲をリクエストされていました。
私も、自分が歌っているグレン・ミラーの「ムーンライトセレナーデ」をお願いして吹いていただきました。クラリネットの優しく暖かい音色と、美しいメロディーを飾り気なく素朴に演奏されていたのを聞いて、歌詞の中の風景が浮かんできました。

曲は「小さな花」「メモリーズオブユー」と続き、こんなふうに、素直に曲のすばらしさを信じて歌えたらいいなと思いました。
古いスタンダード曲は、確かに素晴らしい名曲ばかりでした。





このページのトップへ

本日ハーフノート初登場、さん(T.Sax & Clarinet)
のスペシャルライブです。

舛田さんはドラムの黒田さん率いるデキシープリンスやビックバンドで活躍他、生徒さんもたくさんいらっしゃるベテランミュージシャンです。
サックスを演奏されるかたはよくフルートなども演奏する人が多いですが、ピアノの豊口健さんとのデュオでのテナーサックス&クラリネットのライブでは、どんな選曲とどんな演奏が聞けるか、大変楽しみです。

皆様のお越しをお待ちしております!




このページのトップへ

今日から、北海道神宮祭ですね。

近年は、よさこいソーラン祭のすぐあとでもあり、昔のようなお祭りの賑わいはあるのでしょうか。
先日いらしたお客様が「昔は神宮祭の時は、銀行も休みだったんですよ」と教えてくださり、驚きました。
確かにわたしが小学生の時は、お祭りの日は、いわゆる半ドンと言って午後はおやすみでした。
そんな会社もあったと思います。

家族で中島公園の会場に出かけ、綿あめやリンゴあめを食べながら、ヨーヨーや金魚すくいをしたり、スマートボールや射撃で的あてをして景品をもらった記憶もあります。
それからお化け屋敷や、オートバイ、サーカスもありました。
しばらく何年も行ったことがありませんが、今はどんな風になっているのでしょうか。

それにしても銀行が休みって、困らなかったのでしょうか。
それほど、のんびり楽しめた時代だったのかもしれませんね。
今はお正月でもお店はやっていて何でも買えますし、便利ですが、日本らしい風情はどんどんなくなってきています。
なんだか、昔が懐かしく思えます。





このページのトップへ

カウントベイシー楽団の十八番「シャイニーストッキングス

ただ今ボーカルで練習中てすが、歌詞はネットとエラが歌っているものから、楽譜はCDを聴いてコードをとり、音符は一音一聴きながらおこしています。
この曲を歌っていると言えばやはりエラフィッツジェラルド。
特にご本家カウントベイシー楽団をバックに歌っているものはすばらしいの一言につきます。
気心の知れたトミーフラナガントリオで歌っているものもよいです。
本家本元のベイシー楽団の演奏、それからスウイングビアノの巨匠テディウィルソンの演奏も聞いて、メロディーとリズムを研究しています。

いつも、自分で楽譜を調べたりCDを聴いて、ピアノを弾きながら、気に入ったコードを選んで自分のキー(調性)にあった譜面を手書きで書くのですが、参考になるものがないところから楽譜をおこすのはなかなか自信も持てずに苦労があるものです。
でも、こうしてやっていくと、音楽の色んな発見があり、曲への愛着も深まります。
ピアノの豊口さんいわく、かんたんに楽譜を手に入れてかんたんに弾けてしまうと、それは逆に発見や喜びがなく不幸なことなのだそうです。

たよる譜面がなくて耳と頭と心を全開にして聴くと、偉大なるカウントベイシー楽団の時代を超えて大切にされるアレンジとその意味、そのオリジナルのスウィング感に感激しました。
私も、原曲に敬意をはらって、忠実に歌ってみることを徹底的にしたいと思います。





このページのトップへ

最近、私のまわりでは、胃カメラの検査を受ける人が多いです。

もうそういう年齢なので、異常があっても無くても、受けてみようと思ってみたりします。
私は昨年、胃痛が酷いのが続き、即検査をしました。
今までも数回胃カメラを経験していますが、自慢にもなりませんが、なぜかいつも先生から1"胃カメラを飲むのが上手だ"と誉められます(笑)

決めたら潔いほうですし、痛みにも強いほうですが、でもできるなら受けたくないですよね。
決して気持ちのいいものではありませんから。
まして初めての胃カメラの時や、大変な思いをした経験がある人は本当に大変な思いです。

いろんな検査が楽で痛みをともなわず、もっと安かったら、病気になって手遅れになる人も激減すると思うのですが。
自分の回りの大切なひとのためにも、健康診断にはぜひ行きましょう。





このページのトップへ

2ビートってなんだろう、、、ブンチャブンチャとリズムを刻むジャズの基本のビートのことです。

日本の演歌と逆で、ジャズは裏拍にアクセントがきます。
ワン、ツー、スリー、フォーと数えたら、2番目と4番目にアクセントがくるのが、日本人の感覚と違うところです。
さらに、そこに休符か入るのが4ビートとの違いでもあります。

頭で理解できても、なかなか体にはしみこむのは難しいものです。
本当にスウィングすることは、とても難しいことだなと、CDを聞く度に、練習をする度に考えてしまいます。
考えてるうちはだめですね。
自然と体が覚えるまで、やるしかないのです。





このページのトップへ

暖かい日曜日、よさこいソーラン祭もファイナルでしたが、私は家で引きこもりしていました(笑)。

一歩も外に出なかったので、いったい外がどれくらい暑かったのかも全くわかりません。
洗面所の古い使わない整髪料や、不要なものを片付け、古い歯ブラシを使って隅々まで磨きました。

最近どちらかというと、気持ちがあまりスッキリ上向きな感じてはないので、そんな時は、自分のやる気を起こすべく、どこか1ヵ所だけとことん掃除することにしています。

それにしても、普段からまめにやっていないので、いくらでも掃除するところがあって、それを考えると、どーっと疲れます





このページのトップへ

昨日は早出して、冬の間お世話になったお店の三台の加湿器の大掃除をしました。

この三台の加湿器のおかげで、過酷な冬のお店の湿度をギリギリ保つことができ、お店の楽器のチューニングも酷く狂う頻度が少なくなりました。
ボーカリストの咽喉にもよいです。
それでも、あと二台くらい必要なくらい、デリケートな楽器には辛いお店の環境です。

最近、店の湿度もやっと50%を超えるようになり、加湿器もお休み、念入りに掃除しました。
中はカルキだらけで、三台ともタイプが違うものなのですが、24時間つけっはなしで使用できるタイプは、中に円形のプラスチックの羽根が20枚入っていて、一枚すつ外して綺麗にするのは、毎回大変な思いをしています。
でも、今回はクエン酸の結晶を買ってきてつけおきし、金属のスボンジに結晶をつけて洗ったら、以前より楽にきれいになりました

カルキの掃除にはお酢がいいとのことで、以前は食酢をかけて洗ってみましたが、クエン酸のほうが 早く落ちました。みなさんもお試しを。
でももうあと4か月もしたら、また加湿器活躍の季節です。(笑)。





このページのトップへ

金曜日トリオ(豊口健p、北垣響b、石橋正彦ds)、スタンダードからボサノバ、映画音楽、タンゴから、最後はゴスペル風のアレンジでなんと懐しい「青い影」まて幅広いジャンルが演奏されました。

一番印象的だったのは、 現代タンゴの巨匠、アストラピアソラの名曲「リベルタンゴ」でした。
打ち合わせなしで、豊口さんが指を4本出したと思いきや、いきなりの4ビートで始まりました。

 astor_piazzolla1.jpg

ジャズらしい熱いアドリブのあと、途中やや激しいフリースタイルの三者の即興になり、最後にはタンゴのリズムで重厚なサウンドで終わるかと思ったや否や、そのあと静かで華麗なバラドーでベースのアルコ(弓奏法)ソロを入れて、最後は見事に厚みのある音で劇的に終わる、なんともストーリー性のある素晴らしい展開でした。

もう一度聴きたいです。
が、今日と同じ演奏はもう2度と聴けないのもジャズです。
これも一期一会、しっかり心に刻んでおきます。






このページのトップへ

最近、これだけは毎日聴いています。

「Carmen Sings Monk」
 carmen_monk.jpg
 
モンクと友人であり、演奏家そして偉大な作曲家としても崇拝していたカーメンマクレエ。もともと歌詞のついていないセロニアスモンクの曲に、ジョンヘンドリックスなどの新しい作詞で、彼女が70才手前の晩年に発表したアルバムで、最高傑作だと思います。
カーメンマクレエじゃなければ、全編モンクの曲をボーカルでなどというアルバムは、作り得なかったと思います。

私がもし、タイムマシーンで50年前に戻れたら、真っ先に会いたいミュージシャンはこの二人です。
もちろん、他にもまだまだ会いたいミュージシャンはたくさんいますよ。
でも二人が共演した録音は残っていません。
モンクの曲を歌うのは、あまりに難しいことですが、将来このアルバムの中の曲をたくさん歌ってみたいです。






このページのトップへ

昨日は、ピアノの調律が入ったので、とても気持ちがよく演奏を聴くことかできました。

気持ちよいといえば、演奏する側もそうですね。
特別なライブの時には、通常の調律の他に更に当日したりします。
いろんなお店を全国まわられてるミュージシャンの方々にも、ハーフノートは音がいいと言っていただくことが多いとうれしいです。

音の良さとは、ピアノのメンテナンスはもちろんですが、お店の広さや天井の高さ、温度湿度が楽器やステージに与える影響などいろんな要素か重なっていると思います。
ハーフノートでは生の音にこだわってきました。ピアノにマイクを通すこともないので、アコーステックな音が、あたたかく伝わるのかもしれません。

部屋をきれいにそうじすると、その部屋でお茶を飲んだり本を読んだり、その空間にいるだけで気分がよくなるのと同じで、いい音で生演奏が聴けることは、とても気持ちがいいものです。






このページのトップへ

サッカーワールドカップ予選、日本はオーストラリアと引き分け、本選出場が決まりました!

後半37分で先制されたのにも関わらず、本田圭佑のPKで同点。
なんともスリリングな結末でした。
一昨日は全仏オープンテニスで、錦織圭選手とナダル選手の試合。
私はナダル選手の大ファンですが、でも錦織選手はすごい。
日本の男子テニス界では久しぶりの快挙です。
先週の土曜日は、ついに日ハムの大谷くんも、投手として初勝利をあげました。

あー、こんなにスポーツ好きなのに、試合中はいつも仕事です。
自分の好きなことだけを考えると、窓が広くて外から中が見える一階の店舗で、昼はジャズライブでランチ&カフェ、夜はライブと、大事なスポーツイベントがある時だけは、大型スクリーンを用意して、その日はスポーツバー、こんな店もいいなーと思ったりします。

二兎追うものは一兎をも得ず。
やっぱりジャズは、お酒を飲みながら、雰囲気のある夜のほうが似合うでしょうか





このページのトップへ

昨日は仲の良い同級生がお店に来てくれました。

いろいろ話すうち、シャンプー論争になりました。
いくつになっても"髪は女の命"です。
というか、私たちくらいの年齢になると、男の人にとっても髪は命ではないでしょうか(笑)。

同級生との話題のNo.1は、健康です。
いかに健康で、女性として美しく歳をとるか。
その為に、どんな風に心豊かに生活するか、そんな話題がほとんどです。

若いほうがいいに決まってる、若い頃に戻りたいと思ったことは幾度となくありましたが、昨日は不思議と、歳をとるのもまあいいかな、と思いました。
同級生は時に、なにげなく、自分の気持ちを助けてくれる瞬間があります。
これからどんな心が豊かな老後の人生を送ろうかと考えるのも、悪くないなと思いました。





このページのトップへ

皆さんは、ネットでショッピングなどしますか。

インターネットで、楽天のスーパーセールというのが開催されていて、50%オフで買えるような物もあります。
でも、出店時間が決められていて、日曜日、いつも使っている欲しい物が半額でしたので、時間1分前にサイトを開き、待ち構えてジャストに注文ボタンを押したら売り切れでした(笑)。
毎日大事に気に入って使っている、高くはないブランド品のものでしたが、宣伝用の商品だったのでしょうか。

楽天などに広告を出していると、もちろんたくさんの人に見てもらえますが、広告費用も莫大でしょうね。
私は、広告にどれだけお金をかけているかではなく、自社製品に誇りを持っているか、社長さんの熱意のある製品の説明があるか、お客さんの声など、とことん調べて、特にネットでは買い物をするようにしています。

本当に欲しいものは、なかなかバーゲンでは買えないものですね。
いいものは、バーゲン商品にはならなかったりします。

これだけモノが溢れている時代、良いものを選ぶのも大変ですが、見極める目だけは衰えないようにしたいものです。








このページのトップへ

6/1、運動会だから、絶対暇だよと数日前にタクシーの運転手さんに言われましたが、忙しかったです。

5月は最悪でしたので、とりあえずいいスタートができて嬉かったです。
経営してると、そんなもので、気分は全然違います。

今日一日は、休み返上で、帳簿つけてすが、がんばれるきもちになったりするものです。
ひと月の中で一番好きな、ついたちという日が嬉しい一日でスタートできて、本当に嬉しいです。






このページのトップへ

先週、今週土日曜日は、小学校の運動会が真っ盛り。

お天気が何とか良くて良かったですね。
子どもさんやお孫さんの晴れの舞台を家族で楽しみにしている方々にとって、とても嬉しいことですよね。

私もそんな幼少時代を思い出します。
早起きして席とりをしていた両親。
今は全く運動もしませんが、そのころの私はリレーの選手でした。
きっと親や親戚にとって、どんなに自慢だったのかと、今は想像できます。
その頃の運動会の行進曲は、確か「双頭の鷲の旗の下に」というワーグナーの曲他、何曲か思い出されます。
フォークダンスは、おきまりのオクラホマミキサーでした。

今はどんなんなんでしょう。
急に、自分が子どものころの運動会を思い出してしまいました。





このページのトップへ

FC2Ad

Information

halfnote2001
  • Author: halfnote2001
  • 札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

    2016年11月、15周年を迎えます

    ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

Search

Calendar

05 « 2013/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

halfnote2001

Author:halfnote2001
札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

2016年11月、15周年を迎えます

ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

訪問者数

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。