ハーフノート(札幌)♪徒然日記

札幌のジャズライブ 「ハーフノート」 の徒然日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

今日で7月も終わりです。
はやくないですか?!

月末は支払日で銀行巡りや、お店の家賃支払いやその他集金などもあり、慌ただしい日です。
にも関わらず、今日は水曜日、ボーカルがあり、ボーカルまえにはヨガに通い、皆さんにお送りするDMの準備なども重なりました。
当然、さっさと寝るべきなのですが、夜中に生中継の世界水泳を朝方まで見てしまいました。

この水泳が終わると、8月は世界陸上が始まります。
仕事後のお楽しみのため、寝不足にもなりますが元気をもらって、この夏を乗り越えたいと思います。
頑張れニッポン!






スポンサーサイト
このページのトップへ

沖縄に毎月出張で行かれているお客様が、出張帰りに寄って下さいました。

演奏の後は、北海道人からみた沖縄の方々との食べ物や文化の違いなど、面白いお話しをたくさん聞けました。
時間のルーズさ?はよく聞いていましたが、ルーズなのではなく時間の指定をしないそうで、会社の商談で行っていても、明日は8:30-10:30くらいの間にしましょうとか言われるそうです。
最初はずいぶん戸惑い、イライラもしましたが、そういうもんだと思い慣れてくると、心地良い時もあるそうです。

事務所に行けば、壁にはあちこちヤモリがいて、ヤモリは害虫を食べてくれて、沖縄では守り神とされているので、だれも追い払ったりもしないそうです。

食べ物は、豚肉など美味しいものもたくさんありますが、総じて味が薄くて、特に味噌汁は自分に全く合わず食べられいとおっしゃっていました。

高速道路も80才くらいのお年寄りがたくさん運転していたり、時間に拘束されないせいか、とにかくノロノロ運転で渋滞も多いのだそうです。
全く異文化な感じがしますが、だから沖縄の人たちは長寿なのかなとも思いました。

私は待ち合わせ5分前に必ず行きますし、薄味が好きですが、ノロノロの運転はイライラしますし、ヤモリが視界にいたら耐えられませんので、沖縄には住めないかもと思いますが(笑)、でも、そんなのんびりさというか、おおらかさが自分には必要かなと思いました。

 






このページのトップへ

曇りのち雨の日曜日。

東京や山梨でも、ゲリラ豪雨などという、すごい集中的な雨で、花火大会が中止になったり、水害の被害が相次いでいます。
やはり異常気象なのでしょうか。
先日新潟県からいらしたお客様も、昼間は35度以上、夜中も25度以上で、24時間エアコンをつけっぱなしだそうです。湿度も高いでしょう。

私はエアコンが苦手で、出先では絶対にエアコンの近くには行きませんが、お店では連日エアコンを工夫しながら稼働しています。
ハーフノートでも、最近の雨まじりの天気のせいで、お店の中の急に湿度が高くなりました。
先日それが原因で、ピアノに不具合がでて修理をしてもらいました。

それからは、エアコンのモードをドライモードにして、なるべく湿度を50%代にするように気を配っています。
逆に、冬は乾燥で頑張っても50%にはなりませんが。

演奏中に楽器やボーカリストにも直接冷たい風が当たらないように、また、お客様の座られた席位置をあれこれ考えながら、その都度風向きを変えています。
地下は窓がなく、風が入ってこないので、空調の管理がなかなか大変です。






このページのトップへ
ハーフノートは、三条美松ビルが、北側は狸小路/南側は南3条通の両方に面しているので、どちらからも入ることができます。

昨日は、狸小路の夏のお祭りでした。
100円のビールや焼き鳥、ラテンの生演奏などで、しかも昨日は雨が降っていましので、屋根付きのアーケードはすごい賑わいでした。

いつものように、そこにお店の看板を出してお客様を待っていましたが、土曜日とは思えないほど静かな一日でした。
すぐ目の前にはあれだけの人がいるのに、ビルは閑古鳥。歯がゆいばかりです。
昨日の花火大会につづき、静かな週末の2日間でした。

来週は、こんどはすすきの祭です。
いい演奏をして頑張るしかないですね。





このページのトップへ

昨日は花火大会でしたね。

昔は、ひと夏に3-4回あった花火大会も、今は1回きりになりました。
浴衣姿の若い女性がたくさん歩いていました。
こんな日は、お店は静かなものです。

金曜日、ベテランピアノトリオ。
どんな世の中の様子でも、熱い演奏は変わらないです。
最後のステージに、リーダーのピアノの豊口健さんに呼ばれ、花火大会だから1曲ボーカルをとのアナウンスでした。

昨日は私がハーフノートを始める前から20年もの間、私を励ましてくださったお客様がいらしてました。
数年前に退職され、ススキノに出てくることはほとんどなくなった方ですが、年に2-3度は必ず、元気でやってるか、お店にはあまり来れないけど調子はどうかと、来て下さいます。

20年ってすごい月日です。
自分や回りの環境は変わっても、変わらない大事なこともある、嬉しい日でした。






このページのトップへ

水曜日のボーカルの日と、昨日と2日間続けて来て下さったお客様がいらっしゃいました。

普段カウンター業務をしている時の私と、歌っている時の私があまりに違うことに、驚かれたようです(笑)。
それは、いろいろなお客様からよく言われます。

カウンターにいる時は、若い時からバーが大好きでしたので、たいてい黒いジャケットを来て、バーテンダー&シェフに徹していることが多いです。
目が悪いので、メガネをかけていることがほとんどです。
歌っている時は、コンタクトですし、たいていロングのスカートかドレスです。

初めて水曜日ボーカルの日に来た方の中には、今日は優子さん(ママ)はお休みですかと聞かれることがあります。
女性は男性と違い、服装や髪型、またお化粧などで、いくらでも変身できるので、楽しいです。





このページのトップへ

昨日は水曜日、ボーカルの日でした。
水曜日にはなぜか?たくさんFoodのオーダーが入り、ひとり大忙しの状況になることが多いです(笑)。

そんな水曜日、近頃ちょっとためしていることがあります。
私はヨガが好きで、以前は教室に何年も通っていたのですが、だんだんとお店の業務が増える一方で、行けなくなっていました。
でも最近、いろいろ考えることがあり、忙しい中またヨガ教室に行っています。
それも出来る限り、歌う日の水曜日に行くことにしています。
歌う前には、必ず軽いストレッチや体をリラックスさせたり、腹筋を柔らかくしたりする準備をします。

毎年ハーフノートに来て下さる、あの金子晴美さんもヨガをやっていますし、同じく東京から来て下さるボーカルの小笠原千秋さんは、太極拳のインストラクターでもあります。
水泳やジムに通っている方や、自分で体をリラックスさせたり、呼吸を深くすることに取り組んでいるボーカリストの方は少なくありません。

以前は時間がある時に行っていたヨガ教室ですが、今はあえて水曜日を選んで行っています。
体力をつけるのはもとより、大好きなヨガで、自分の体と精神的なこととの関係や集中力の変化をよく観察しているところです。





このページのトップへ

昨日は暑かったですね。

私はやっと道立近代美術館のシャガール展に行きました。
作品の数もかなりあり、見ごたえがありました。
二時間くらいいましたが、もっともっとゆっくり見たいので、帰りに買った画集と解説を熟読してから、もう一日行きたいなと思います。

 chagall1.jpg

私自身は絵を描きませんし、正直、価値や値段もよくわかりません。
ピカソやゴッホやルノアール、岡本太郎記念館にも行きましたが、20代の時に東京でシャガールの絵を見て、一目惚れしました。
自分の目の前に天使が降りてきたような感覚でした。

シャガールはオペラやクラシック、モーツァルトからベートーベンまで、音楽とは深い関わりを持った作品をたくさん描いています。
パリのオペラ座の天井に描かれた主題は、名だたる作曲家の曲で埋め尽くされています。
パリのオペラ座に行きたいです。





このページのトップへ

昨日は、東京から初めて出張でいらしたお客様が来て下さいました。

東京では、ジャズのライブハウスに通い詰めているという、ジャズファンの方でした。
どうしてハーフノートを選んで来てくださったかというと、先日ライブをしていただいたベースの加藤真一さんの大ファンで、東京での加藤さんのライブにはよく行かれているとのこと。

札幌のライブハウスをインターネットで検索して、ハーフノートに今月加藤真一さんが出演したのをホームページで見て「間違いないだろうと思い」来てくださったそうです。
昨日のライブも、3ステージ聴いて下さり嬉しく思いました。


また、昨日は札幌シティジャズの大通ミュージックテント会場で、北海道唯一のプロ枠で出演したビリーキングさんのライブコンサートがありました。
そのバンドでピアノを弾いた豊口健さんはじめ、北海道ミュージシャンを応援に行って下さった、ハーフノートの常連のお客様たちが、コンサートが終わってからお店に来て下さいました。
これもまた嬉しいことでした。

 

最近、ちょっと良いことが毎日ひとつはあるような気がします、昨日もいい一日でした。







このページのトップへ

昨日は参議院選挙に投票に行き、三越ギャラリーで開催されている、シャガールと、エコール、ド、バリ版画作品展と、フランス人作家のボネック兄弟の絵画展を見に行きました。

こちらのシャガール展は、道立近代美術館とは全く別のもので、無料です(三越s本館9階)

 7/16(火)~7/22(月) シャガールとエコール・ド・パリ版画作品展
 7/23(火)~7/29(月) シャガールと20世紀美術の巨匠たち展


それから待ち合わせた友人と会った後、家に帰って選挙結果をテレビで見ました。
選挙の結果は予測通り自民党の圧勝でしたが、また逆に原発反対の象徴とも言える方や政党が伸びていることも、印象的でした。
TPPや沖縄基地問題、消費税アップなど、この選挙結果でどうなって行くのでしょうか。

テレビがどのチャンネルも選挙速報はかりで、全英オープンゴルフ最終日の放送時間が少なかったので、日曜日のお楽しみがちょっと減りました





このページのトップへ

毎日いろんな人の演奏を聴いていると、その人の人柄や音楽に対する気持がわかってきます。

でも反面、自分はこんな演奏をしていてよいのだろうかと、思ったりします。
自分だけが楽しんでいるのではないか、お客様や一緒に演奏している仲間は、一緒に楽しんでくれているのだろうか。などなど、とめどもなく疑問が湧き出てくることかあります。

音楽について、時には先輩や友人のミュージシャンに相談することもあります。
勇気をくれる音楽仲間や、はげみになる言葉を言ってくれるリスナーのお客様もいらっしゃいます。

  carmen_When Youre Away

そして、ひたすら好きなミュージシャンのCDを聴くと、何を大事に思っているかが見えてきます。
そのとき、不安が消えて「よし、またジャズやろう!」と思うのが不思議です。






このページのトップへ

昨日は、寝不足にもかかわらず、夜中帰ってから全英オープンゴルフを見てしまいました。

先日終わった、同じ英国の伝統的大会ウィンブルドンテニス。その後にすぐ開催されるこの大会が大好きです。

景色やコースの難易度の高さも見どころですが、本当に若いプレイヤーからシニアまで、世界中の一流プレイヤーが一同に集まる大会です。
今年で142回大会をむかえた、ゴルフという競技の伝統と歴史、紳士のスポーツという品格を感じます。
私が最も好きなゴルフの大会です。

日本人では、若い松山英樹選手がこの難しいコースに初チャレンジしています。
また日曜日まで寝不足が続きます






このページのトップへ

昨日は、新しいワインショップがオープンしたので、そこで購入した限定品ワインの試飲会を、友人3人でしました。

お店がオープンする時間を目がけて行ったのですが、とても欲しかった限定セール品は既に完売。
朝から並んでいた方々がたくさんいたそうです。

私の大好きなピノノアールと、一番人気がある葡萄品種カベルネソーヴィニヨンの二種類。
ハーフノートで出しているボトルワインは全て、ワインセーラーで管理していますが、全て試飲してからメニューに載せています。
お客様のお好みを聞いてお出しするためです。


久し振りに会った3人で、数十年ぶりの話にすっかり花が咲き、通勤の方とすれ違う時間までお店で飲んでお喋りしてしまいました。
今日は寝不足ですが、とても楽しかったです






このページのトップへ

昨日は平日にしては、お客様がたくさん来てくれて嬉かったです。

お客様から、たくさんのリクエストをいただいて、ボーカルの玉村優香さんと、各々歌えるものをシェアしました。
Moon River、遥かなる影、想い出のサンフランシスコ、Fly Me To The Moon、My Foolish Heart。
ピアノ演奏のリクエストも、Take5、Time After Time、ビートルズ、Sweet Memory 他たくさんでした。
リクエスト曲をすべてクリア(?)するのも、うれしいものです。


My foolish Heartは凄く情熱的劇的かつ、緩急があって、こんなアレンジは初めてでした。
1コーラスは全てルバート(フリーテンポ)、その後は軽快な力のこもったボサノバのピアノソロ、最後のコーラスはボサノバと静かなバラードで終わりました。
豊口健さんでないと、あり得ないアレンジでした。









このページのトップへ

今日水曜日はボーカルの日です。

オープン18:00から、オードブルつきのパーティープラン、送別会とお誕生日の方が一緒の、7名様のご予約をいただいています。
送別される方が、ハーフノートに来てくださっていた方ということで、この場所を選んで下さいました。

ハーフノートでは、4名様から飲み放題がついたオードブルのコースと、+ピザとパスタとデザートがついたコースがあります。

 パーティープラン
 http://halfnote.zero-city.com/partyplan.html

歌う日と重なると、なかなか忙しい一日になるのですが、二刀流の私としては嬉しい悲鳴です。
オードブルだけでも5品ほど、いつもご用意しております。

「HAPPY Birthday」と、送別の方が大好きだという「想い出のサンフランシスコ」を、心を込めて歌わせていただこうと思います。





このページのトップへ

海の日祝日、ハーフノートは営業しました。
皆さん三連休で行楽に行かれていたことでしょう。お天気も良かったし、最高の三連休ではなかったでしょうか。

昨日は、ほとんどが道外からのお客様でした。
日曜日に営業していたお店はあっても、昨日ライブをやっていたお店は少なかったと思います。
ハーフノートの同じフロアのお店も全てお休みでした。

閉店しようと看板を下げた直後に、岩手県からジャズ好きなお客様が二人いらっしゃいました。
お話しすると、被災にあった陸前高田市にあるジャズバーに通っているとのことで、復興のボランティアもなさっている、ジャズを愛するとても素敵なお客様でした。

本来は、他店に弾きに行っているはずのピアノの豊口さんも、昨日は祝日でお店にいたので特別ライブが始まりました。
熱のこもった演奏に、お客様も本当に喜んで、ピアノソロなのにまるでドラムやパーカッションがいるみたいな演奏は初めて聞きました、ありがとうございましたと言っていただきました。

こちらこそ、ありがとうございましたという気持ちで、素敵な一日の締めくくりになりました。





このページのトップへ

昨日は気持ちのいい休日を過ごせました。

私は、ドライマークのジャケットやシルクや麻など、よほど型崩れが心配なもの以外は、自分で特殊な専用の洗剤で洗っています。
まとめて洗濯し、ベランダに干した後、ずっと午後からはベランダで過ごしました。

たくさんの洗濯物のお陰で、眺めは今ひとつでしたが(笑)、コーヒーをおとし、その後ロゼワインを飲みながら、読書をしていました。
フランス人の女性が書いた、シンプルに生きる為のレシピ、外国人からみた日本の古くて素晴らしい物などが、モノクロ写真いりで紹介されている本で、私のお気に入りの一冊です。
日本人が忘れている、古くて何気なく素敵な物がたくさんありました。

その後もう一冊。
外で日に当たりながら読書って、気持ちいいですね。
日曜日も仕事したり、仕事のことを考えることが多いのですが、こういう一日も必要だったことを忘れていました。





このページのトップへ

やっと日曜日が来ました(笑)。

ここのところ、日曜日は続けて仕事や練習で休んでいなかったので、さすがにちょっと疲れました。
今日はのんびり、大好きな洋服や化粧品の整理でもして、夏にピッタリの大好きなロゼワインを飲みながら、本でも読もうかなと思います。

7月に入ってからも色々やることが詰まっていたので、まだシャガール展にも行けずにいます。
夏休みに入ると混むそうなので、その前の平日ゆっくり時間がとれる日に行こうと思います。
今日は、ロゼワインにシャガール、気分だけはまるで、南仏プロヴァンスかニースです♪





このページのトップへ

昨日の、加藤真一さんベースと、豊口健さんピアノのデュオ、素晴らしいライブでした。
加とちゃんケンちゃんライブというのだそうです

加藤さんの「ベース・オン・シネマ」のCDから、映画音楽がたくさん演奏されました。
加藤さんが持ってきたCDは全て完売でした。

 bass_on_cinema.jpg

<2013/7/12 Half Note Live Set List>

 昔はよかったね(デューク・エリントン)
 バラ色の人生
 All The Things You Are
 ニューシネマパラダイスメドレー
 Angel Eyes

 シェラザード(R・コルサコフ)
 太陽がいっぱい
 Scrapple From The Apple(C・パーカー)
 ゴンドラの歌(中山晋平)
 It Could Happen To You

 (アンコール)
 ロミオとジュリエット

言葉はいらない、30年来の親友御二人のデュオは、誰もの心に響く演奏でした。
来年も必ずハーフノートでのライブをやっていただく約束をしていただいたので、今回は来られなかった方、今回いらしてファンになった方、どうぞいらして下さい。
心に残る、本当に素晴らしいライブでした。






このページのトップへ

最近見つけた北海道産リコッタチーズの塩漬け。

お客様にお出ししたら、日本酒が飲みたくなったということで、薄野地区限定のすすきの美人という純米酒を出しました。
ただいまハーフノートではこの日本酒を取り扱いしております。
旭川の高砂酒蔵で一年間雪の中で熟成された、さっぱりとした純米酒です。

お客様で、すずの工芸作家の方がいらっしゃり、その方が作ったぐい飲みと徳利で飲んでみてもらいました。
すずは、いつまでも冷たさを保つ優れた素材ゆえ、冷酒やビール、ハイボールや水割りにも最高です。

塩漬けチーズは、ウイスキーにも合います。
味噌漬けチーズはよく自作しますが、塩漬けは今までしたことがありませんでした。
美味しいものを見つけると、何でも試してみたくなる性分なので、いろいろなチーズの塩漬けを自作してみます。






このページのトップへ

いよいよ明日7/12金曜日は、日本を代表するベーシスト加藤真一さんの北海道ツアー最終日前日、ハーフノートでの2回目のライブです。

30年来の親友 ピアノの豊口健さんとのデュオです。
前回は私のボーカルもあり、デュオをもっと聴きたかった方もいたでしょう。明日は息の合った演奏をじっくり聴けます。

 20130703kato.jpg 7/3 at Half Note

加藤さんは、映画音楽だけのCDや、クラシックの曲をアレンジしたものなどもレコーディングしています。
前回の豊口さんとのデュオでもそんな演奏が聴けて、演奏後にCDを買われたかたもたくさんいらっしゃいました。
とにかく、このおふたりの演奏、聴いてみて下さい。
必ず感動していただけると確信しています。

CITYジャズに来ている名だたるミュージシャンにも絶対に負けない、ジャズを知っているかどうかは関係なく、必ず皆さんの心に届く、阿吽の呼吸の本当に素晴らしいデュオです。
一人でも多くのかたに聴いてほしいと、心から願っています。
こんな間近なスペースで聴けることも、嬉しいことです。
何と言っても、私は、このお二人の大ファンですから!
まだ残席がありますので、どうぞお見逃しなく♪





このページのトップへ

7-8月、ハーフノート夏恒例の世界のビールフェアが始まりました!

 bass_paleale.jpg           
↑バスペールエール(イギリス) & ヒナノビール(タヒチ)


このフェアは、ビール博士であるピアノの豊口健さんのアイデア企画でした。

 豊口健HP 世界のビールのページ→
 http://ken-toyoguchi.com/delight/beer/beer.html


軽いグビグビ系のビールから、チビチビやるしっかりした味わいのもの、個性的なビールまで取り揃えています。
今年は記録的な暑さですが、今までのところ人気なのは、イギリスのペールエールや、チェコのピルスナービール、ベルギーの修道院の重たいビールやホワイトビールなどです。

各国15種類のビールを冷やしてお待ちしております!

 ・ギネス(アイルランド)
 ・バスペールエール(イギリス)
 ・レーベンブロイ樽生(ドイツ)
 ・ベックス(ドイツ)
 ・ピルスナーウルケル(チェコ)
 ・カールスバーグ(デンマーク)
 ・シメイレッド(ベルギー)
 ・レフブロンド(ベルギー)
 ・ヒューガルデンホワイト(ベルギー)
 ・プリモビール(ハワイ)
 ・コロナEX(メキシコ)
 ・ボヘミア(メキシコ)
 ・ヒナノ(タヒチ)
 ・モレッティ(イタリア)
 ・エビス(日本)

2013世界のビールメニュー ↓ クリックで拡大(解説付)






このページのトップへ

昨日は、アマチュアセッションデイでした。

いつも月末に行っているセッションですが、今月は月初めにおこなったのには理由があります。
今週土日に、札幌CITYジャズのひとつ、パークジャズライブで、市内のあちらこちらの会場で、アマチュアの方々が街角でジャズのライブをやります。
それに出演するバンドの方たちから、一足早くセッション日があれば、という要望があったのです。
ちょっとしたリハーサルも兼ねたセッションでした。

個人でセッションに参加された方々の他に、2つのバンド、本番の進行をそのまま演奏してくれました。
ジャズメッセンジャーズとスウィートジャズホーリックという2バンドで、皆さん、ハーフノートのお客様バンドです。

また、ハーフノートのアルバイト、北大ジャズ研ピアノの、加納千紗都のバンドも出演します。
休日お出かけの方、機会があればぜひ聴きに行ってみて下さい。

ちなみに、ピアノの豊口健さんは、北海道のプロミュージシャンで唯一ホワイトロックの会場で行われるイベント、7/22ビリーキングさんのライブに参加されます。





このページのトップへ

ウィンブルドンテニス男子決勝戦。

ついに、77年ぶりに、地元イギリスのアンディーマレー選手が、第一シードのジョコビッチ選手を破り優勝しました。
昨年は決勝戦で負け、泣いていた姿がとても印象的でした。
芝で強い昨年の覇者フェデラーが2回戦で敗退し、なんとなくマレーが地元の応援の力と、期待のブレッシャーをはね除けて、優勝する気がしていました。

そして、コーチはあのイワンレンドル。
苦楽を共にしてきたコーチや家族、何よりイギリス人国民がどんなに喜んでいることでしょうか。
歴史的な瞬間を目にすることができて、最高でした。
スポーツの素晴らしさに、また改めて感激した一日でした。






このページのトップへ

昨日は駅前通りはお祭りがあって、歩行者天国。
人の賑わいもすごかったです。

一方、ハーフノートは静かな土曜日でしたが、ボーカルの奈良やよいさんの楽しいアイディアいっぱいのライブで、盛り上げていただきました。
最後の曲「ルート66」では、お客様にも参加する楽しい一曲でした。
この曲をお客様皆さんで、簡単なプルースの短いフレーズをスキャットを歌ってもらいながら、セッションする一曲となりました。

大変ノリのいいお客様で、楽しそうに参加していただきました。
先月チックコリアとスタンリークラークのコンサートに行った時に、会場全員が参加する1曲がありとてもよかったとのことでした。
奈良さんなりに、簡単にして、誰でも参加できるフレーズにしてくれたようです。
プレイヤーと聴く人の一体感はライブの醍醐味ですね。





このページのトップへ

無農薬野菜を趣味で作る叔父から、できたての野菜が届きました。

まずは、私がリクエストして作ってもらったルッコラ。
しっかりと苦味があって最高においしいです。
今年の野菜の出来は順調だそうで、大きな胡瓜と早くもナスが収穫、ほうれん草とサンチュもとても立派で、毎朝大好きな野菜を食べるのが、更に楽しくなります。
このあとも、ハジル、イタリアンパセリ、アイコ(ミディトマト)は私のリクエストで、そして大根やジャガイモ、スイカなど、楽しみが続きます。

食べてるだけじゃ申し訳ないので、お礼にバシルソースを作ったり、ピクルスを漬けたりして、保存できる物にしてお返ししています。

今年はアイコでドライトマトを作ろうと思います。
ルッコラと生ハムのピザも最高ですよ。
毎年この無農薬野菜を食べると、身体が喜んでいる感じがします。
来年はインカのめざめを作ってもらおうと、今からたくらんでいます




このページのトップへ

ついにきました!久し振りにスポーツの話題が書けます

ウィンブルドンテニスでは、大ファンのナダルが一回戦で敗退し、錦織選手も伊達選手も敗退で楽しみも半減していたところですが、ついに日ハムが3位浮上です。

パ・リーグは首位から6位まで、ゲーム差はそんなにないので、連敗や連勝ですぐに順位は変わります。
今年の日ハム予想がBクラスだ、というミュージシャンの某大先輩(日ハムの大ファン)と賭けをしています。
もし、2位以内になり、クライマックスシリーズを本拠地札幌ドームで試合することになったら、招待してもらう約束です(3位でもクライマックスシリーズには出れますが、敵地での試合です)。

前半戦は低迷してたので、野球のこともプログにもあまり書かずにいたら、お客様から最近スポーツネタが少なくなったねと言われました(笑)。
後半戦、期待しています。





このページのトップへ

加藤真一ライブ、暖かいお客様とスタッフにも助けられて、お店にとっても私にとっても忘れられない一になりました。

素晴らしらいデュオ演奏のあと、歌わせていただいた自分は、 反省点ばかりでしたが本当に充実した一日でした。
加藤さんのツアーは14日まであり、7/12日金曜日は、ピアノの豊口健さんとの、スペシャルデュオです。
昨日来てきてファンなった方、来られなかった方も、ぜひ12日にいらして下さい。

全世界の人に聴いてほしいデュオです。
どうぞお越しください、お待ちしております。






このページのトップへ

Yahoo知恵袋に「JAZZのファンに、高齢者が多いのは、何故ですか?」という質問がありました。

お店のお客様は、高齢の方ばかりというわけでもないし、若いジャズ好きの方もいらっしゃいます。
たしかに、昔は戦後まもなくのジャズブームがあり、次々と西洋の文化が入り込んできたときに、ジャズを聴くことが時代の最先端というときもあったそうです。
また、1960年代には「蕎麦屋の出前持ちもモーニン(アートブレイキー)を口ずさんでいた」ということばで有名なくらいのモダンジャズの空前のヒットもあった。

ジャズ喫茶の前には人が並んで待っていたといいますから、信じられないことですが、うらやましい時代です(笑)
そんなジャズブームを知る時代の方々はもう60代70代80代になってしまっているでしょうが、たしかにご自分がどれだけジャズにのめりこんだか熱く語るひとも多いかもしれませんね。

今のようにインターネットもなく、聴きたいものがなかなか簡単には聴けない、という時代だったのだと思います。
ジャズ喫茶やライブハウスは、そういう家では聴けない音楽を提供する場でもあったのですね。





このページのトップへ

いよいよ明日7/3(水)は、日本屈指のすばらしいベーシスト加藤真一さんとの共演です。

この春、加藤さんは「ニューヨークのため息」といわれたジャズボーカルの女王ヘレンメリルと、日本をツアーし札幌公演はピアノトリオでのベースがたいへん評判でした。

毎週水曜日のボーカルの時同様、来て下さるお客様の顔ぶれを見て、みなさんがよく知っている曲も歌うつもりですが、今回は自分が好きな曲、加藤真一さんのベースと豊口健さんのピアノの組合わせだからやりたい曲もやるつもりです。新曲もあります。

明日はお二人の力を借りて、楽しんで歌いたいことと、自分らしさを表現したいと思っています。
どうぞ、聴きにいらしてください。





このページのトップへ

FC2Ad

Information

halfnote2001
  • Author: halfnote2001
  • 札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

    2016年11月、15周年を迎えます

    ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

Search

Calendar

06 « 2013/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

halfnote2001

Author:halfnote2001
札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

2016年11月、15周年を迎えます

ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

訪問者数

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。