ハーフノート(札幌)♪徒然日記

札幌のジャズライブ 「ハーフノート」 の徒然日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今日で1月も終わり、明日から2月。
あと2ヶ月たてば、春が来ます。
寒いのが大の苦手な私にとっては、冬という季節は正直嫌いでした。
でも、最近は、この長い冬があったからこそ春が来た時の喜びがあるし、北大の銀杏並木に積もった雪や、軒先にあるつららが素敵だなと思えるようになりました。
今まで気付かなかったいろいろな美しいものに、気づけるようになった自分に、少し喜びを感じます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
近頃、私の新曲として練習中の曲 「Beautiful love」
1931年に映画音楽として使われたのが最初ですが、ジャズファンには、ビルエヴァンスの演奏で知られるようになりました。
ピルエヴァンス(p)、スコットラファロ(b)
ポールモチアン(ds)の黄金のピアノトリオによるアルバム、Bill Evans/Explorationsの中では、Take1.2が録音されています。
ボーカルは、歌っていそうであまり歌っていないのですが、私の大好きなアルバム「This is Anita」の中でアニタオディが歌っているものと、ベースの加藤真一さんが、一緒に録音された、ボーカル、かなさし庸子さんの収録したアルバムしか持っていません。
ヘレンメリルは、ゆっくりなテンポで歌っています。
今日木曜日は、ピルエヴァンスが大好きな齊藤桃子さんのピアノでこの曲をリクエストしてみようと思います このページのトップへ
昨日はいつも早い時間に来てくださり、1ステージ聞いて早めに帰られるお客様達が、珍しく長い時間カウンターでくつろいで行かれました。
皆さん朝早くからお仕事だったり、札幌以外から車で来られたり、一生懸命の介護の毎日をおくられていたり、情況は別にしても、こんな時間までゆっくりされるのは珍しいことでした。
こんな一時も嬉しいものです。
お客様がリラックスして楽しんで下さっているなと感じた時こそが、店主としての至福の時でもあります。
素敵なお客様といい時間を共にできて、なんて幸せな仕事だろうと思います。
いろんな坂道や下り坂もありますが、自分の好きな仕事を選んで良かったと思える一日でした。 このページのトップへ
昨日は月に一度のアマチュアの方々のセッションディでした。
サポートしてくれるのはピアノの豊口健さんです。
歌伴の名手豊口さんのピアノで歌いたいというボーカリストの方々も、たくさんいらっしゃいました。
また、初めてハーフノートのセッションに来てくれた方の中に、学生さんの、エレキベースの女性の方がいらして、外見のかわいらしさからは想像できないファンキーなエレベの音に、盛り上がりました。。
親子3世代ほどの年齢の違うジャズが好きな方々同士は、すぐに意気投合します。
いろいろな情報を交換したり、教えあったり、本当に楽しそうな光景を見ていて、微笑ましく思える夜でした。 このページのトップへ
最近、2013年のボジョレーヌーヴォーが半額で買える時期になったので、昨年高くて買えなかった少し高級なヌーヴォーを飲んでいます。
ヌーヴォーと言ってもいろいろな種類があり、赤、白、ロゼ、それに畑によっても味は様々です。
最近はルイ・ジャド社の濾過していない赤のボショレーがお気に入りです。
昨年飲んでいないいろいろなヌーボーを試すのには、1月はおすすめです このページのトップへ
昨日の金曜日ピアノトリオは、最後の曲はドラムの舘山健二さんが大好きだという、シャンソンの名曲「LA MeR」~ラ・メールが心地の良いスゥイングで演奏されました。
この曲は、1943年、フランス人の歌手であり作詞家、作曲家でもある、シャルルトレネが作った曲です。
私が大好きで歌っている「I Wish You Love」も同じくシャルルトレネの曲です。
フランス語でLA MeRは海という意味で、
海への憧れや、海からの癒しを描いた曲です。
枯葉をはじめ、シャンソンの曲は、数々のジャズミュージシャンからも愛され演奏されています。 このページのトップへ
本日の金曜日ピアノトリオは、豊口健さん(p)、北垣響さを(b)、舘山健二さん(ds)です。
このメンバーは、来月15日に行われるビブラフォンの斉藤たいこさんとの共演メンバーでもあります。
普段スタンダードを中心に演奏するハーフノートのトリオですが、北垣さん舘山さんの組み合わせの時は、また違ったCOOLなサウンドが聞けて好きというファンの方もいらっしゃる、人気のトリオです。
3月の水というユニット名もあるのですが、ご存じでしょうか。
北垣さんは今年初めてのハーフノート出演です。
ぜひ皆様のお越しをお待ちしております! このページのトップへ
田中将大選手のヤンキース入りが決まりました。
たまたま昨日、野球好きなお客様とこの話題で盛り上がっていたところでした。
最近、野球殿堂入りした野茂英雄選手に憧れて野球を続けてきたマーくんなので、ぜひ野茂選手が始めに入団したドジャースに入ってほしいねと話していたのですが、ハズレてしまいました。
ヤンキースにはイチロー選手や黒田選手などが所属しています。
駒大苫小牧からヤンキースへ羽ばたいたマーくんを応援します このページのトップへ
真冬日が続いています。
今日から明日にかけては大雪の予報です。
そんな中で、神秘的な光景も見られます。
滝野すずらん公園のアシリベツの滝は、-17℃の寒さで、氷っています。
滝が氷っている映像は、何とも神秘的で、寒いのが大の苦手な私ですが、行ってみたくなりました。
自然が作りだしたアートはその時しか見られません。
桜も紅葉も雪景色も、みんな自然が作るアートです。 このページのトップへ
川嶋哲郎さんwithハーフノートトリオ、最高にご機嫌なカルテットでした。
超スターダスト、特に、デュークエリントンナンバーが目白押しでした。
一流の演奏者は、必ずスゥイング時代のスタンダードを土台にし、敬意を表し演奏されることが共通だなと感じています。
最高のライブでした このページのトップへ
今日は、東京からいらっしゃる、テナーサックス川嶋哲郎さんのライブが行われます。
まだ残席が少しございますので、ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。

川嶋哲郎(T.sax)
豊口健(P)
柳真也(b)
舘山健二(ds)
19:30&21:00 \3500drink別

初めてのスペシャルメンバーによるカルテットをお楽しみに このページのトップへ
昨日はボーカル奈良やよいさんの、今年初めてのライブでした。
土曜日は地元札幌以外から来て下さるお客様が多いのですが、昨日はそんなお客様がたくさん来て下さいました。
初めてジャズの扉を叩いてくれた若いお一人の女性のお客様、また同じく初めて来て下さったジャズの演奏を始めた大人の女性組の方々、京都に住んでいる日本語が堪能な素敵なアメリカ人のお客様、ずっと来たかった憧れのお店にやっと来れたと言って下さったジャズ大好きなお客様。
初めてのお客様同士がカウンターで楽しげに会話され、合わせたかのように、ボーカルの奈良やよいさんのさんが、「縁は異なもの」を歌って下さいました。
でも、素敵なお客様とミュージシャンに囲まれたお店のカウンターに立っていた私が、一番幸せだったかもしれません このページのトップへ
昨日の金曜トリオは、札幌の大御所大ベテランのドラマー石橋正彦さん、ベースの佐藤人志さんと、レギュラーピアニスト豊口健さんでした。
偶然に、札幌の古きよき時代の音楽シーンをともに歩んできたミュージシャンの方々がいらして、本当に久しぶりの再会に嬉しそうでした。
お客様もみなさん暖かい方ばかりでしたから、再会の盛り上がりセッションも楽しく聞いて下さいました。
私にとっては、皆さん雲の上の大先輩ですが、その先輩達が再会して最高に嬉しそうにしている姿を見て、そんな場所を提供できたことが、ちょっぴり嬉かったです このページのトップへ
いつも閉店後に片付けをしながら、音楽を聞き、グラス一杯のワインを飲む時間が好きです。
その時に選曲して聞く曲で、その日の自分の心の状態がわかります。
何となく落ち込んでいるときなどは、アップテンポの曲や賑やかな曲よりも、バラードやブルースを選曲してしまいます。
頑張って元気を出そうとして、明るい曲を聞いて元気がでることもあります。
私はわがままなので、人との関わりも全く同じで、自分が元気な時は元気な人と一緒にいられても、落ち込んでいるときは急に元気な中に居づらくなったりします。
でも不思議と、どんな時にも、音楽は心を癒してくれます。
毎日の仕事の終わりの時に、今聞きたい曲を聞いて、明日のバネにしています このページのトップへ
今年は新たにやりたいことがあるので、時間を作っていろいろと試しています。
やりたいことをやるには、生活習慣を変えなければならないと思い、チャレンジしているのですが、長年の悪習慣が身に付いてしまっているみたいで、なかなか直すことができません。
また、即動きたい気持ちがあっても、体力がついていかず、結局後回しにしてしまったりします。
ダラダラしてしまう、理由をつけて後回しにしてしまう習慣を、さっさと行動する習慣に変えるだけで、有意義な時を過ごせるとわかっているのにやらない自分は、やっぱり怠け者です(笑)。
それか、実はたいしてやりたいことじゃないのかもしれません。
習慣恐るべしです このページのトップへ
今日は水曜日、ボーカルの日です。
スタンダードナンバーで歌われる曲の中では、本題に入る前に、序奏と言える部分のVERSE(ヴァース)がついている曲がたくさんあります。
ヴァースは、歌い手が自由に表現する、本題のメロディーの前のイントロ部分。
ジャズはリズムが命ですから、1度テンポが決まると、クラシックのように、曲の途中で表現としてテンポが変わることはほぼありません。
ですが、このヴァースだけは、ノーテンポで好きなように表現します。
語り口調で、特にしみじみ歌いたい時や、歌詞の内容から、ヴァースから歌われたり演奏されることが好まれる曲もあります。
シャンソンの名曲、
枯れ葉やバラ色の人生などのヴァースなどは、皆さんもよく耳にしたことがあるのではないでしょうか。
また皆様がご存じな名曲、スターダストや思い出のサンフランシスコなども、ヴァースから歌われることが多い曲です。
ぜひ、じっくり聞いてみて下さい。 このページのトップへ
いよいよ一週間後に迫った、テナーサックス川嶋哲郎さんのライブのご案内です。
今は無くなってしまいましたが、ジャズの名門雑誌スゥイングジャーナルでは、日本人テナーサックス部門人気投票で、不動の一位に輝いています。
クリアでパワフルな音と、王道をいくスタンダードと、美しいメロディーのオリジナル曲。
関西出身の飄々とした人柄もユニークです。
今回ハーフノート2回目の登場ですが、おそらくまたリハーサルや打ち合わせなども一切なく、セッションが始まると思います。
ピアノ豊口健さん、ベース柳真也さん、ドラムス舘山健二さんとの豪華カルテットでおおくりいたします。
皆様、必見です
ご予約お待ちしております。 このページのトップへ
今日は成人の日。
着物を着る成人の方にとっては、大変なお天気になりました。
私も数十年前には、振り袖を来て成人式に出ました。
今日から大人の仲間入りで、気持ちが引き締まる思いと、とても嬉かったことを覚えています。
何より、両親がとても嬉しそうでした。
成人を迎えられた若い方々の門出に、エールをおくりたいです このページのトップへ
昨日は来て下さったお客様が
、口々に寒い!と言われていました。
札幌はまだ寒いと言っても、-10℃を超えることはそうたくさんはないので、まだ我慢することはできますが、北海道でも-25℃の中で生活している方々もいらっしゃいます。
私はそんな体験をしたことはありませんが、まさに凍り付く寒さなのでしょう。
今、日本とアメリカカナダなどに大寒波が来ていて、ナイアガラの滝が凍っている映像や、-50℃を記録した場所や、ニューヨークの街の映像を見ましたが、驚きました。
死人も出るのもうなずけます。
あと三ヶ月、なんとか体調をくずさないように冬を乗り越えたいです。
皆さんもくれぐれもお気をつけ下さい このページのトップへ
昨日は今年最初のピアノトリオ。
一曲めは、カウントベイシー楽団のシャイニーストッキングスで始まりました。
今私が一番気に入って歌っている曲です
歌詞の内容もとても可愛らしいのですが、エラの歌唱がキュートで、スゥイング感がたまらなく、聞く度にご機嫌な気分になるのは、私だけでしょうか。
豊口健さんのピアノも冴え渡っていました。
そして、ベースの佐藤人志さんが選曲し、ベースリーダーで演奏されたスゥイートローレン、ドラムの黒田佳宏さんはチュニジアの夜を選曲し、ステックから素手までいろんな奏法の長いソロで楽しませていただきました。
終わってからは、お年始で飾っていた新潟の縁起物の日本酒で、みんなで乾杯して、金曜日のトリオの締めとなりました。
今年もハーフノートの金曜日をお楽しみに! このページのトップへ
9
\'昨日のピアノトリオ一曲めは、カウントベイシー楽団のおはこで、最近私も一番気に入っている・" このページのトップへ
今日は今年初めての金曜日、ビアノトリオの日です。
メンバーは、ビアノは今年もハーフノートの重鎮、寡黙で、真実味のある人柄が音に出ている豊口健さん、そしてベースは、人生の大先輩、酸いも甘いも経験してきた深みのある音が真髄の佐藤人志さん、ドラムは底抜けに明るい、楽しい雰囲気をかもし出す音の黒田佳広さんの組み合わせです。
どんな選曲になるのでしょうか。
人柄とその人の人生観は、実に音にでます。それぞれの経験や個性がどう交わるのかを、新年、改めて心に刻みたいと思います。 このページのトップへ
サッカー本田圭佑選手が、ヨーロッパイタリアの名門チーム、セリエAのACミランに入団が決まり会見が行われました。
しかも背番号10番。
これは凄い名誉なことです。
もっと凄いのは、小学校の作文で、セリエAに入団して背番号10番をつけると書いていたことです。
まさに夢が現実になった瞬間でした。
サムライ魂とは何かと聞かれ、あきらめないこと、規律を重んじることと英語で答えていました。
日本人が世界のトップで活躍する姿は誇らしいです。
今年はソチオリンピックやワールドカップサッカーもあり、今から楽しみです このページのトップへ
本日水曜日、今年初めてのボーカルの日です。
玉村優香さんと、私のツインボーカルでお送りいたします。
今年の音楽の目標はいろいろあります。
自分らしさを表現するために、とにかく基礎トレーニングと、本番をできるだけたくさん経験したいと思います。
そして、料理しながら買い物しながら掃除しながら、曲を聞くこと、英語を聞くこと、鼻歌スキャットをすることなどなど、ゆっくり練習の時間をとろうとしてもなかなか無理があるので、隙間の時間を音楽で埋めることです。
中でも聞くことは、一番重要かもしれません。
今年初めてのボーカル、わくわくしています このページのトップへ
昨日は常連のお客様とミュージシャンだけのご来店のため、勝手に新年会になってしまいました。
でも、忘年会も新年会もなかなかできない私にとっては、気心知れた方々との時間はとても楽しい貴重な時間でした。

ハーフノートではお食事やオードブル付きのプランや、飲み放題のプランなど、新年会にぴったらのプランもご用意しております。
どうぞ、お仲間とご利用下さい このページのトップへ
今日はジューサーを買いました。
ミキサーは持っていますが、本格的なジューサーで絞りたての野菜のジュースを作りたくて思いきってそこそこいいものを買いました。
野菜の酵素は高温になるとくずれてしまうので、低温で栄養素を壊さないジューサーです。
お店では最近北海道産の無農薬野菜を使っているので、あれこれと新しいメニューを考案中です。
今流行りのスムージー(野菜や果物の絞りたてジュース)がハーフノートに登場する日も近いと思います このページのトップへ
年末年始は、片付けやそうじ、昨年12月の分の帳簿つけなど、やり残したことをやることで精一杯で、ゆっくりとしたお正月とはとてもいえませんでした。
そこで、今日は絶対に仕事関係の物は家に持ち帰らない、何もやらないと決めて、まずは寝ました。
寝ても寝ても眠いです(笑)。
明日からの一週間に向けて、徹底的に体を休めようと思います。
明日が10日ぶりのお仕事という方も多いようですが、一年の始まりに向けて、充分に体と気持ちを充電し、新年の仕事始め、また一週間がんばりましょう このページのトップへ
昨日はいろいろなお客様にお会いできて、スタートにふさわしい楽しい一日でした。
お正月の3日からお立ち寄りいただき大変感謝しております。
今日は土曜日、Uターンラッシュもピークだそうで、穏やかな天気で良かったです。
明日の日曜日にゆっくりとしたら、皆様も9連休が終わりますね。
ハーフノート本日は、レギュラーピアニスト豊口健さんのステージとなります。
今年も健康で、休みなく、いい音楽をきかせていただけることを期待しています このページのトップへ
2014年、1月3日。
昨日に続き箱根駅伝を途中まで観戦後、買い物を済ませて早々と出勤しました。
今日は古くなったFOODメニューbookを新しく作 製します。。
昨年10月の、お店のリニューアルの際には、たくさんのミュージシャンの方々に手伝っていただきましたが、桃子さんが手書きのメニューをぜひ作りたいと言ってくれて、今日は二人で作業します。
ハーフノート2014は、その齋藤桃子さんのピアノでスタートいたします このページのトップへ
今日の札幌は、風が強くてすごい雪ですねこんな日は
家にこもってのんびりしています。
私の短いお正月休みの楽しみのひとつに、大学箱根駅伝があります。
今朝も楽しみに起床しました。
今回は記念の90回大会。
二年ぶりにまた東洋大学が往路優勝を飾りました。
二位の駒澤大学とは59秒の差ですから、明日は更に楽しみです。
残念だったのは山梨学院大学の途中棄権でした。
毎年この大会を見ながら、どうか棄権が出ないようにと願っています。
この一年、この大会のためにチームみんなで練習を積み重ねてきたことを考えると、一人の棄権で記録が無くなってしまうのは辛いです。
それでも、記録がなくてもオープン参加で走り続けている選手逹を、最後まで応援したいです。
なんといっても4年生にとってはこれで終わりですから。
出場している選手も、控えの選手も家族も、そして私は残念ながら出身大学卒ではありませんが、自分の出身大学校が出場していたら、どんなに誇りかと思います。
明日も早起きして、出勤前まで観戦するつもりです。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

halfnote2001
  • Author: halfnote2001
  • 札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

    2016年11月、15周年を迎えます

    ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

Search

Calendar

12 « 2014/01 » 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

halfnote2001

Author:halfnote2001
札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

2016年11月、15周年を迎えます

ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

訪問者数

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。