ハーフノート(札幌)♪徒然日記

札幌のジャズライブ 「ハーフノート」 の徒然日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
しばらくお店でかけていたカーメンマクレエのアルバムを変え、同じくカーメンマクレエの名作と言われる「AFTERT GLOW」にしました。
このアルバムは、まだカーメンが35才の時に録音されましたが、共演しているピアノのレイブライアントも同じ年だったようです。
なんだか体も心も癒される感じがして、久しぶりに聞いた名作に、改めて敬意と感謝をしています。
しかも、全12曲のうちに4曲も弾き語りが収録されています。
ぜひ聞いてみて下さい
スポンサーサイト
このページのトップへ
もう明日で9月も終わりです。
毎週月曜日火曜日のハーフノートは、開店以来、豊口健さんのソロピアノでお届けしております。
クラシックでは、ピアノだけの演奏もたくさんありますが、ジャズはセッションが醍醐味と言われる方も少なくないので、ピアノだけでジャズのライブステージを聞かせるというのは、かなりの実力がないと難しいものです。
たぶん、世界を湧かせた著名なジャズピアニストも同じだと思います。
なんといっても、メローディーから、ベースから、ドラムのリズムまで1人で演奏するのですから。
それを間もなく13年間、休まずに毎日演奏している豊口健さんは、凄いと思います。
ある時豊口さんが言っていた「全国から来てくれるジャズファンのお客様にも、ピアノ一本でも満足してもらえるように、ソロの時はとても気合いを入れて頑張っているよ」という言葉を思い出しながら、月曜火曜日のソロ演奏を続けています。 このページのトップへ
日曜日休日、久しぶりにアジア大会をじっくり観戦しました。
初戦であわやの敗退かとヒヤヒヤした、レスリングの世界女王、吉田沙保里選手は、圧巻の金メダルでした。
それにしても、試合前の吉田選手のコメントが印象的でした。
「みなさん勝って当たり前と思ってるかもしれませんが、正直31才はギリギリで、きついんですよー(笑)」
アスリートは年齢との戦いですから、体力気力ともに限界を感じたらおしまいです。
吉田選手らしくサラッと言ってますが、日々どれだけ努力しているのだろうと思います。そんな表現ができる吉田選手は、きっと人としても素敵な方なんだろうと想像がつきます。
凄い! このページのトップへ
叔父が作ってくれた夏野菜も、最後の収穫となりました。
同じく野菜作りをしているピアノの豊口健さんからいただく夏の野菜も、そろそろ終わりです。
どちらも無農薬の野菜で、私が夏の間に元気に働けたのも、この野菜たちのおかげです。
今日は最後の収穫となったバジルでソースを、そしてミニトマトはドライトマトに、その他の野菜はピクルスなどの酢浸けにして保存しました。
また昨日は、大葉の実を収穫し醤油浸けに、とうがらしは味噌漬けにしています。
これからは、じゃがいもと秋冬大根が手に入るので、新米(私は玄米)と一緒に楽しみたいです。 このページのトップへ
本日、早いもので9月も最後の週末の金曜日となりました。
金曜日ハーフノートのピアノトリオは、久しぶりの登場で、ベースは辻充浩さん、そしてベテランドラマーの石橋正彦さんと、レギュラーピアニストの豊口健さんです。
もしかすると、初めて?の組み合わせかもしれません。
辻さんは、北海道を代表するピアニスト福井良さんのお店を中心に活躍されている、若手期待のベーシストです。
今日はベテラン二人と一緒に、どんな演奏を聞かせて下さるか楽しみです。
ぜひ週末は、ハーフノートへ足を運んで下さい このページのトップへ
本日、東京より個性溢れるボーカリスト遠藤雅美さんと、ハーフノート木曜日レギュラーピアニスト齊藤桃子さんのデュオライブです。
まだ少し残席がごさいますので、ぜひお立ち寄り下さいませ。
心あたたまるジャズからオリジナル曲まで、じっくりとお聞かせいたします このページのトップへ
明日9/25木曜日は、北海道出身で東京で活躍中のボーカリスト、遠藤雅美さんと、木曜日レギュラーピアニストの齊藤桃子さんとの、スペシャルデュオライブです。
遠藤さんはオリジナリティー溢れる美しい歌唱で、沖縄の音楽も勉強され、感性豊かな表現をされる素敵なボーカリストです。
先日新しいcdを作られたばかりですが、弾き語りで活躍中の齊藤桃子さんもコーラスで参加しています。
東京でもライブを行っている息のあった二人のデュオ、ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。 このページのトップへ
今日は祝日ですが、ハーフノートは通常通り営業いたします。
しかし、夜はゴールデンタイムにアジア大会水泳があり、見れなくて残念です。
萩野選手をはじめ、メダルラッシュのシーンはやはり生で見たいものです。
私はスポーツは録画はしません。
先に結果が気になってしまうので、夜中にまずニュースを見ます。
近年、体の大きさが違うにも関わらず、世界のトップクラスの実力をつけてきた日本の水泳界は、大変に魅力的で、興味があります
今夜も期待が大です! このページのトップへ
今日は月一度のアマチュアセッションデー。
アマチュアと言えど、皆さんの音楽を楽しんでいる姿は一級品です。
ハーフノートのセッションは、一般の聞いているだけのお客様がいらっしゃるせいか、皆さん緊張するらしく、時間前にカラオケボックスで、セッションのリハーサルをしてから来るかたもいらっしゃるとか(笑)。
その時になってみないと参加者はわかりませんが、ピアノ、ベース、ドラム、サックス、ギター、ボーカル、トランペットなど、今日もたくさんの楽器の方々が来て下さると楽しいのです。

聞くだけの方も大歓迎ですので、お気軽にお立ち寄り下さい。 このページのトップへ
クラシックピアノのコンサートに行ってきました。
モーツアルト、ラフマニノフ、ショパン、バルトーク、リスト、シューベルト、ラヴェル、ドビュッシー、ワーグナーなど。
そのなかに、あまり馴染みがないかもしれませんが、グラナドスの曲が演奏されました
グラナドスはスペインの作曲家でありピアニストで、ハンガリーのバルトークと同じく、自国の民族性や大衆性と、ロマンティックな哀愁を感じる、とても魅力のある素敵な作風が特徴で、一番印象に残りました。
スタンウェイのピアノの生音が、とても心地良かったです。 このページのトップへ
あっという間の一週間が過ぎ、明日は休日です。
夏のPMFコンサート以来、キタラ音楽堂にて、モーツアルトのピアノのコンサートを聞きに行く予定です。
大ホールはもちろん、日本でも屈指の素晴らしいコンサートホールは私も大好きです。
明日は小ホールでのコンサートですが、いつかハーフノートの企画でコンサートをやりたいと思い、もう10年前にキタラ小ホールの詳細パンフレットをもらってあります。
小ホールは、ジャズの小編成の演奏などにも適していると思います。
久しぶりのクラシックですし、いろんな意味で楽しみです このページのトップへ
今日はピアノの調律をお願いしました。
最近、真夏の急激な湿度上昇で、鍵盤をたたくハンマーが戻らなくなり、突然音がならない症状が出ましたが、今回は鍵盤を押すと、ペダルを踏んでいないのに、いつまでも余韻が残ってしまうという症状がでました。
原因は、急な湿度の下降だそうで、夏とは場所も処置の方法も違います。
最近、風邪をひかれている方も多いようですし、私も喉に違和感を感じています。
ビルはまだ冷房が入っていますし、ピアノにとっては過酷な環境なのでしょう。
調律士さんが時間をかけて直して下さいましたが、環境次第でまた起こり得るので、今日から加湿器も始動です。 このページのトップへ
本日木曜日1stステージは、HAPPYhourプランでお楽しみいただける月に2回だけの早割ユニット(笑)Bitter&Sweetのライブです。
普段ピアノの豊口さんのアコーディオンが聞けるのもこの時間だけです。
ピアノの齊藤桃子さんの伴奏で私が歌えるのもまた、この時間だけです。
毎週水曜日は、豊口健さんのピアノで歌わせていただいておりますが、若い齊藤桃子さんの歌の伴奏は、新しい発想の音使いや、展開の面白さもあり、同じ曲を歌っても全く違う感じを受けます。
あえて昨日歌った曲の中からも、また選曲してみようと思っています。
19時半~2000円オードブル付きでお楽しみいただけます。
ぜひお立ち寄り下さい。 このページのトップへ
本日水曜日はボーカルの日です。
季節は一気に秋へと変わり、先週はまだ早いかなと思いながら歌った枯れ葉~Autumn Leavesも、遠慮せずに歌えそうです。
Autumn Leavesをはじめ、秋の季節にぴったりの曲はたくさんあります。
中でも秋という言葉が題名に付くものは、より深い情景が浮かびます。
新しく覚えたくて夏にとりかかっても、秋には間に合わず、数年歌えずにいる曲もあります(笑)。
秋を思いながら、春に歌ってもいいのですが、やはり秋に歌いたくなります。
クリスマスソングもそうですが、季節限定の曲は演奏回数は少なくなりがちですが、その分思いもひとしおです。 このページのトップへ
私が最も好きなボーカリストであるカーメンマクレエのアルバムの中に、The Great American Songbookというアルバムがあります。
最近、何度となく聞いているこのアルバムを頻繁にお店でかけています。
改めて参考にしたい曲を聞く為もありますが、毎日聞きたいのでかけています。
先日、あまりジャズには詳しくなく、とくにボーカルはほとんど聞かないというお客様に、これは誰が歌ってる何というアルバムですかと尋ねられました。
直感的に大変気に入られたようで、すぐ探して買うと言って帰られ、とても嬉しくなってしまいました。
これがきっかけで、ジャズボーカルも好きになっていただけたら本望です。
ちょっとはカーメンの役にたてたかもしれません(笑)。 このページのトップへ
今日は札幌ドームに野球観戦に出掛けました。
敬老の日ということもあって、子供からお年寄りまで家族で観戦に来ている方が多く、とても賑わいがありました。
結果も、プロ初の完封勝利をおさめた上沢投手の力投で、日本ハムが勝利し、引退を表明している稲葉選手も見ることがてきました。
今日はとてもいい席でしたので、凄い臨場感があり、最高でした。
これもやはりライブです。
試合終了後、選手がサインしたボールが観客席に投げられるのてすが、19番増井投手のサインボールをゲットしましたので、お店に飾ります このページのトップへ
本日日曜日ですが、明日祝日にお休みをいただく為営業いたします。
しかし、通常お休みの日なので、何となく気分はリラックスモードです。
美容室に出掛け、本屋さんにしばらく滞在し、その後、自分にとってはとても嬉しく、ちょっとだけ贅沢な買い物をしました。
それは、昭和二年に創業され80年以上もの歴史をもつ、ハーフノートと同じ狸小路商店街にある老舗刃物店の、宮分刃物店で包丁を買いました。
包丁といっても、私が一番使う頻度が高い、プロ仕様の120㎝と150㎝のペティナイフです。
野菜や果物をはじめ、小回りがきく、はこぼれが少ない、切れ味抜群でずっとメンテナンスしてもらえる国産の小型ナイフ。
インターネットでも探せますが、
3人の店員さんに気の済むまで説明を聞き、何回も持って感触を確かめて買いました。
昨日から三日間、宮文刃物店さんの創業祭で、20%割引で購入できました。 このページのトップへ
今日土曜日は、ピアノ豊口健さんと、若手活躍中のギタリスト長沼発さんとの 、Duoライブです。
いつもの2ステージに+19時半~のステージも加わり、今日は全ステージがDuoでのライブとなります。
また、明日は日曜日ですが、臨時営業となり、月曜日の祝日をお休みとさせていただきます。
どうぞ皆様のお越しをお待ちしております。 このページのトップへ
今週末のライブは、本日金曜日、北海道が誇る実力派トリオ
豊口健(p)
柳真也(b)
舘山健二(ds)
21時~2セットでお送りいたします。

そして土曜日のライブは、若手でありながら、曲への深い理解力を持つギタリスト長沼発さんの登場で
豊口健(p)
長沼発(g)
3ステージでお送りいたします。

ハーフノートは若手からベテランまで、北海道のトッププロを中心に、道外からのミュージシャンを招き、毎日生の演奏をしております。
このコンセプトは、これからも変えずにいきたいと思います このページのトップへ
昨日帰宅する時間にお店から外に出ると、傘をさしても一歩も歩けず、ずぶ濡れになるような雨と雷に、尋常ではないものを感じましたが、朝起きてニュースを見ると大変なことになっていました。
札幌で避難勧告か出るほどの雨は、ほとんど記憶にありません。
北海道だけではなく、東北、関東、関西など全国的に大雨で、冠水している映像をたくさんみました。
いったいどうなっているのでしょうか。
札幌は災害がほとんどないので、このようなことなの慣れていませんが、豪雨、竜巻、落雷、突風などにも、心得ておかなければならないのかもしれませんし、起こり得る災害対策も考えて設備なども整える必要を感じます。 このページのトップへ
最近、他人によって自分の時間が奪われると感じることが多く、そんなことが続くと少しイライラしてしまうことがあります。
インターネットやその他の通信手段などとも上手くつきあわないと、そういう思いになることがありますし、お店には毎日たくさんの業者の方が来ますし、時間構わず電話をしてくる時もあります。
早出してお店のシャッターを少し下げて、歌やピアノの練習していても、音が鳴っている最中でも黙って入ってくる人もいますし、アポイントも取らずに、開店15分前に長々と、マニュアル通りに話を始める営業マンの方もいます。
普通は違うでしょ?!と思っている自分の常識は人には通じないこともよくあります。
そんな時に思うのは、
自分は大切な相手の時間を奪ってはいないだろうかと言うことです。
気を付けなくては このページのトップへ
錦織圭選手の全米オープンテニス決勝は、同じく初タイトルをかけて挑んだ、ウクライナのチリッジ選手にみごと完敗でした。
でも、これからの新しい時代の訪れを感じる、素晴らしい大会でした。
そして錦織選手の試合後のインタビューが素晴らしくて、とても感動しました。
悔しさでいっばいの中、優勝できなくて申し訳ないと、自分をここまで支えてくれたチームへの言葉と感謝、そしてスポンサーに対しての心遣いなど、回りへの思いが溢れていました。
一流の人はジャンルを問わず謙虚で、いつも人に感謝できる人だと、常日頃から思っていますが、錦織選手は本当に素晴らしい、人柄も一流の人だと思いました。
負けてしまいましたが、この日のためにWOWOWに入り、生の勇姿とこの言葉を聞けたことは、私にとってはとても価値のある瞬間でした
これからも応援します。 このページのトップへ
ジャズのセッションをしていると、楽譜が読めなくても、耳だけですぐに音をとれる人がいます。
小さい頃から絶対音感をもっている人もいますが、そうでない天才的なミュージシャンもいるようです。
日本人では、あの歌姫美空ひばりさんが、
全く楽譜が読めなかったというのは有名な話です。
ジャズシーガーでは、世界を魅了したフランクシナトラも譜面は読めなかったようです。更に驚くのは、Mistyを作曲したピアニストのエロールガーナーや、ハーフノートの壁に飾ってある、ギタリストのウェスモンゴメリーも、譜面はさっぱりだったとか。
譜面が読めないということは、自分で譜面も書けないような気がするのですが、それでもオリジナル曲を何曲も作っているという現実にも驚きです。 このページのトップへ
今夜明けて、日本時間夜中1時~、全米オープンテニスの準決勝、錦織選手とジョコビッチ選手の対戦です。
テニスの四大大会と言われる全英、全米、全仏、全豪オープンの中で、唯一テレビ放送が無料で見られるのは、全英ウインブルドン大会だけで、あとは有料放送を契約しないと見ることができません。
テニスファンにとっては残念なのですが、テニスは試合時間が確定的ではなく、長いときは4時間以上にも及ぶので、なかなか難しい ようです。
今日は朝起きてから、錦織選手の試合を見たくて、ややしばらくテレビの前で有料放送に申し込もうか考えてしまいました(笑)。
申し込みをすれぱ、スポーツだけではなく、音楽や映画なども見れるのですが、私は間違えなくテレビを見る頻度が増え、時間がとられるので、今までもやめて来ました。
明日は日曜日ですし、こんな時に、もしも臨時放送か、錦織選手の快挙を応援するために一日だけ無料放送をします、というような有料放送があったら、粋なのにと思うのは、私くらいでしょうか このページのトップへ
先日、長沼町の直売店で買ったビーツがあったので、茹でてサラダにしました。
ビーツはあまり食卓に並ぶことがない野菜かもしれません。
思い浮かぶのは、ロシア料理ボルシチの赤色くらいでしょうか。
そういえぼ、開店当初、ボルシチと自家製のピロシキを出していたことがあります。
もともとは地中海沿岸地方原産の、アカザ科の野菜で、見た目の似ているカブやダイコンとも違います。
しかしこの野菜は優秀で、食べる輸血と言われるほど、鉄分やリン、ナトリウム、マグネシウム、ビタミンまで栄養分がたくさん含まれた野菜です。
夏場、鉄分補給にサプリメントやドリンクを飲んでいたのですが、今日はビーツを食べて元気に仕事をしようと思います。 このページのトップへ
9月のスケジュール葉書に、「September Song」の歌詞が紹介されています(ホームページのトップページにて)。
1950年のアメリカ映画「旅愁」のテーマソングでもあります。
この映画は、イタリアからアメリカに向かう飛行機の中で、乗り合わせた女性のピアニストと、妻子のある男性との出会いと恋を描いた映画です。
歌詞の内容も、9月からの貴重な時間を君と一緒に過ごしたいという内容なので、映画のシーンと合わせると、なんとなく男性ボーカルに歌ってもらいたいようなイメージがあります。
この秋、映画を観ながら、名曲に浸ってみるのもいいですね。 このページのトップへ
日本ハムファイターズの稲葉篤紀選手が、今シーズン限りをもって引退することを表明しました。
お疲れ様はもちろんですが、ありがとうございました、そして今後とも宜しくお願いしますという、とても清々しい気持ちで、引退する選手を称える気持ちになるのは久しぶりです。
ファイターズだけに限らず、野球ファンの方は、そんな感情を持たれた方も多いのではないかと思います。
既に札幌に住む意向や指導者を目指すことも表明している稲葉選手。
あの野村克也前監督が賞賛する地道な努力家と、明るさと謙虚さを備えた誰からも愛される人柄。
成績だけでなく、本当に一流の選手だと思います。
これからは、間違えなく素晴らしい指導者となって、近い将来ファイターズの優勝監督として、札幌ドームの空に舞い上がる日を夢見て、これからも応援し続けます このページのトップへ
最近、新しく買った眼鏡の調整がどうも上手くいかず、とても目が疲れていました。
度数を上げた後は慣れるのにも時間がかかりますが、ちょっと下がったり広がってしまっただけで、目が渋くてかけてられなくなります。
眼鏡の調整もする人によって違います。
今回はとことん合うまで直していただき、今やっとフィットした感があります。
私は昔から目が悪いので、ずっと眼鏡とコンタクトレンズを併用していますが、目が悪くない方が本当に羨ましいです。
肩凝りや頭痛などもおきてきますし、ガラスには激突すること数回、歯磨き粉と洗顔料はしょっちゅうまちがえます(笑)。
小さい頃は暗いところで漫画も読まないし、勉強もあまりしてないのに、何で目が悪くなってしまったのかわかりませんが、この先も付き合っていくしかないです このページのトップへ
今日から9月、1年の3分の2が過ぎ、残る4か月のスタートです。
今月は、毎日のレギュラーステージに加え、9/13土曜日ギター長沼タツルさんとピアノ豊口健さんのDuoが3ステージ、9/25木曜日は東京からボーカリスト遠藤雅美さんを迎え、ピアノ齊藤桃子さんとの同じくDuoのライブです。
夏の疲れを癒してくれる、初秋のハーフノートのライブは、レギュラー陣を中心に、パワーアップしてお届けいたします。
ぜひ寛ぎの時間を、美味しい飲み物や食べ物と一緒にお過ごし下さい。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

halfnote2001
  • Author: halfnote2001
  • 札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

    2016年11月、15周年を迎えます

    ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

Search

Calendar

08 « 2014/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

 

プロフィール

halfnote2001

Author:halfnote2001
札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

2016年11月、15周年を迎えます

ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

訪問者数

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。