ハーフノート(札幌)♪徒然日記

札幌のジャズライブ 「ハーフノート」 の徒然日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今月いっぱいで期限が切れてしまう、Pivotで使える商品券があったのを思いだし、慌ててつかさずタワーレコードに向かいました。
5000円分の商品券ですから、3枚のCDが買えました
たまには新譜でもと思い、あまり時間がなかったのですが、何枚か視聴してみました。
いつも、どうしても自分のお気に入りのアーティストに手が出てしまうのですが、今日はいつもと違うテイストで購入してみました。でもやっぱり最後に、5000円の商品券では足りず、自腹で買ったのは、カーメンマクレエでした(笑)。
今日もまた、カーメンを聞きます
スポンサーサイト
このページのトップへ
ハーフノートのある狸小路には、たくさんの外国人の方々が来ています。
スキーで来ている方の他に、来週から始まる雪まつりと、中国の旧正月が重なり、中国からの観光客は激増しているように思います。
今日はドンキホーテに買い物に行ったら、棚が品薄状態で、目的の物は買えませんでした。
そのあと、北海道食材のお店に買い物に行きましたが、同じく中国の方がレジで大量の食材を買いだめしていました。
しばらくは、狸小路もアジアの観光客の方々で賑わいそうです。 このページのトップへ
本日最終木曜日は、Bitter&Sweet。
木曜レギュラーの齊藤桃子さんの爽やかなピアノと、艶色をした豊口健さんのアコーディオンと一緒に演奏できる月2回の1ステージが、私はとても気に入っています
今日は選曲の中に、バートバカラックの名曲、Close To Youを入れようと思っています。
この曲は、私が洋楽を聞くきっかけになったカーペンターズで大ヒットをしました。
大人になりジャズにはまってからは、カーメンマクレエの、The Great American Songbookの中で演奏されているこの曲ばかり聞いています。
アルバムの中では、ベースのチャックドマニコとのデュオからの劇的な展開は圧巻です。
いつかこんなふうに、、、とは、口がさけてもいえません(笑)。
でも、いつかこの大好きなカーメンマクレエの大傑作アルバムの曲を、全曲歌ってみたいと思っています。 このページのトップへ
錦織選手の試合が終了し、真剣に見すぎて、ただ今放心状態です。
今日は試合が長引くと予想して、開店ギリギリに出勤予測のため、昨日は夜中遅くまで今日の分の仕事も頑張って済ませ、気合いを入れ過ぎて早起きしてしまったのですが、残念過ぎて疲れました~。
ファーストサーブの違いが試合をわけました。
完敗です。
気持ちを入れかえなくては、動けません(笑)。 このページのトップへ
今日はとても早くに出勤してきました。
来月からは確定申告が始まりますので、いろいろな準備です。
個人事業者でも、アルバイトの方や、ミュージシャンの方々には、支払い徴調書、また税金関係の書類などがあり、今日は今月中に処理する事務仕事を、すっきり終わらせました。
事務系やパソコン作業などを長時間すると、必ず首や腰、頭や胃が痛くなります(笑)。
でも、こういう税務やお金のことがちゃんとやれていないと、円滑にお店業務がすすみません。
何事も、明朗にすると、スッキリことが進むような気がします。
しかし、私には、なかなか疲れる業務です このページのトップへ
全豪オープンテニス、二時間遅れで始まった試合を見るために、他の予定はキャンセルし、錦織選手の勇姿を見届けてから出勤してきました!
世界ランク10位のフェレール選手にストレート勝ちです。
おかげで、最後まで見ることができました。
そして、昨日は大相撲で、白鳳がついに、大鵬の優勝記録をやぶり、前人未踏の33勝の新記録を作りました。
一昔前、日本人の三大人気を表現した、巨人大鵬卵焼きの大鵬の記録がやぶられることは、無いだろうと思っていました。
それをやぶったのは、モンゴル人の白鳳でしたが、会見で、記録は追い付いても、人間の中身では追い付いていないので、これからも精進すると言っていました。
29才、外国人白鳳に、拍手を送りたいです。今日は二人のアスリートのおかげで、スッキリと週の始めの日がスタートできそうです このページのトップへ
さて、早いもので1月も今週がラストです。
今日も、日本人がイスラム国に拉致された報道がクローズアップされていました。
今や日本だけの問題ではなく、ヨルダンをも巻き込むことになり、交渉もよりハードルが高くなってしまいました。
本当に、一日も早く解決してほしです。
そして、これ以降は、自己責任という判断や覚悟があったとしても、限界を超えた警戒地域には、もう行くべきではないのではないかと思います。
平和な日本からは想像できない、日本人が拘束されたり、殺害されるような映像は、もう見るには忍びないものです。 このページのトップへ
昨日のピアノトリオでは、たくさんのリクエストをいただき、ありがとうございました。何度もリクエストをいただくスタンダードの名曲がたくさんあります。
演奏者は、Cメロという基本の楽譜にあるKeyを演奏することが基本となっていて、それにより初めての人同士でもセッションすることができます。
しかし時に、いつもと違うKeyで演奏されると、とても新鮮に感じることがあります。
昨日演奏された、FKeyのMistyには、思わずハッとさせられました。 このページのトップへ
本日金曜日は、ハーフノートピアノトリオの日です。
メンバーは、 ピアノ豊口健さん、ベース柳真也さん、ドラムス黒田佳広さんのトリオ。
渋い豊口さんと、とても明るい柳さんと黒田さんの、はじけるようなリズムが飛び交います。
演奏中の3人のアイコンタクトや表情を、見ているだけでも楽しい、今日のトリオメンバーです。
今日は朝から天気も荒れ模様ですが、地下道と狸小路アーケードを通れば、ハーフノートまでは雪も嵐も関係ありません
ぜひ、こんな夜は、ハーフノートでお過ごし下さいませ。 このページのトップへ
今日木曜日は、齊藤桃子さんのピアノソロです。
今も若手ですが、まだまだ若手の頃から、ハーフノート木曜のレギュラーピアニストを勤めていただいています。
ジャズをピアノのソロで演奏するのは大変なことで、同じくレギュラーピアニスト豊口健さんほどのベテランですら、なかなか難易度が高いものです。
そんな中で、めざましく実力をつけてきた齊藤桃子さんの、力強くエネルギッシュなピアノスタイルに、惹き付けられるお客様も多いのではないでしょうか。
これからも期待です このページのトップへ
朝からニュースや新聞も、日本人二人がイスラム国に拉致された報道はかりでした。
何度かあの映像で外国人が脅されているシーンは見たことがありますが、日本人が映されてしまうのは、衝撃的でした。
恐ろしい。
とくかく、今は無事に帰還されることだけを祈ります。
人種や宗教を越えて、争いのない世の中になってほしいと願うばかりです。 このページのトップへ
オーストラリアメルボルン、いよいよ全豪オープンテニスと、サッカーアジアカップが始まりました。
どちらの競技会場も目と鼻の先だそうで、私がオーストラリアに住んでいたら、仕事にならないので、バカンス?ではないバカンス休暇を取っているかもしれません(笑)。
昨夜は録画でしたが、ずっとファンのナダル選手の元気な姿を久しぶりに見れて嬉かったです。
そして今朝は錦織選手の試合を観戦。
錦織選手のおかげで、NHKでも放送され、たくさんの人が応援できるようになりました。
テニスは流れがあるので、最初から見るとダントツに面白さがわかります。
他のスポーツも、スポーツ以外もそうですが、いいとこどりをしても、本当の感動にはつながりません。 このページのトップへ
本日、今年初めてのアマチュアセッションディです。
サポートするのは、ハーフノートレギュラーピアニストの豊口健さんです。
セッションディは、いろいろなお店でも行われており、それぞれのお店によって形態も違うようです。
ハーフノートは通常、プロミュージシャンによる演奏が毎日行われております。
月に一日だけ、今日のようなセッションをもうけておりますので、ピアニスト豊口健さんと一緒に演奏したいという方々が多いように思います。
また、一般のお客様が聞きに来られるのも、ハーフノートセッションの特徴です。
今日も奮って、皆様の参加をお待ちしております。 このページのトップへ
インフルエンザや風邪が流行っているようです。
ほっと息をぬいたときに、かかりやすいような気がします。
私は絶対に休めないと思っているせいか、インフルエンザにはかかったことはありませんし、風邪もほとんどひきませんが、手荒いやうがいはしっかりしています。
免疫力をつけると病気にもかかりずらいのは知られていますが、免疫力を高めるのには、筋肉をつけることと、笑うこと、野菜を食べること、体を温めることなどがよいそうですよ。
特に発酵食品を食べると効果があるようです。 このページのトップへ
昨日金曜日はピアノトリオでした。
たくさんリクエストをいただきましたが、ポールデスモントの名曲、Take Fiveのヘッドアレンジは見事でした。
そして、北海道出身で、長く東京で活躍する素晴らしいピアニスト、井上裕一さんが里帰りで遊びにいらしてくれて、セッションとなりました。
井上さんは札幌時代はビアノの豊口さんや、ドラムスの舘山さんとも親交が深く、ベースの北垣さんを交え、昨日は久しぶりの再開で、嬉しそうでした。
昨日いらしたお客様はラッキーでした! このページのトップへ
今日は、ハーフノート金曜日のトリオです。
メンバーは、ピアノ豊口健さん、ベース北垣響さん、ドラムス舘山健二さんの人気のトリオ。
この3人にはユニット名前があります。
それは「3月の水」。
ピアノの豊口健さんが名付けたのですが、このアントニオカルロスジョビンのボサノバの名曲を、なぜあえてジャズのユニット名に使ったのか、最初はわかりませんでした。
しかしよく調べてみると、ジョビンが書いたこの詞には、ジョビンの苦悩から死を連想すらするような内容から、人生の再生へと向かう約束がえがかれている、とても深いものでした。
東日本大震災の時に、チャリティーライブに協力してくれた3人でしたから、この曲名をユニット名にしたのでしょう。
あのシンプルな素敵なメロディーに隠された歌詞の意味を知ると知らないのでは、大違いでした。
作った人の曲に対する思いをねじ曲げずに伝えていくことができるように、もっと深く一曲を知りたいです。 このページのトップへ
本日1stステージは、アコーディオンとピアノとボーカルのユニットです。
月に2回、1ステージだけの企画ですが、豊口健さんのアコーディオンと、ピアノの齊藤桃子さんの音色や幅広い理解力で、いろいろな曲やアプローチを学ばせてもらっています。
季節の変わり目には、3人のユニットにゲストを加えてスペシャルライブを行っております。
今年初めてのBitter &Sweet
今年もハーフノートレギュラー陣営3人で盛り上げますので、どうぞ宜しくお願いいたします
齊藤桃子(p) 豊口健(ac)
安斉優子(vo) このページのトップへ
今日と明日は歌う日です
最近やっていることは、よく演奏を聞くことと、歌詞を徹底的に深く読むことや理解することです。
今まで歌ってきたスタンダードの素晴らしさを、もっともっと掘り下げて勉強したいと思っています。
他に声を出すことやリズムに乗せた歌練習は、今はなかなかじっくり練習する時間がとれないので、何かをやりながらやっています。
10年後の自分が今の自分を見た時に、ちょっとのことでもやっておけばよかったと後悔しないように、5分でもやり続けようと思います。 このページのトップへ
今日は今年初めてのピアノの調律をお願いしました。
ただ今調律真っ最中です。
ピアノの回りに2台大きめの加湿器を入れているお陰で、冬場も以前よりは、よい状態が保てるようになったものの、やはり冬場や季節の変わり目は、過酷な環境です。
思えば、自分自身の喉や体のメンテナンス以上に、ピアノには気を使い、大事にしているように思います(笑)。
ハーフノートは、毎日ピアノの演奏がありますので、ピアノの音がいいと、気持ちがいいです。
そういうことも、お店が居心地がよくなる要因の一つになると思っています。
演奏者が気持ちよく演奏してくれて、それがお客様に届いたら嬉しいです このページのトップへ
昨日今日と、連休をいただきました。
連休をとることは、年末年始以外は、滅多にありません。
昨日はライブに出かけましたが、今日はアジアカップサッカーを見た以外は、疲れてほとんど寝ていました(笑)。
やらなければならない仕事を持ち帰ってきたので、夕食を食べてからやっと手をつけたと思ったら、また寝ていました。
年末年始にゆっくり休めなかった疲れがでたように思います。
飲食店は週休二日はなかなか厳しいと思いますが、二日休みだと、一日は自分のために、もう一日は家の仕事などもできていいですね。
明日からまた元気に働きます。 このページのトップへ
今日は日曜日休日。久しぶりにシーズンオフの札幌ドームに行きました。
野球とサッカー以外の目的でドームに行ったことはなかったのですが、展望台でのジャズライブを聞いてきました。
演奏は、北海道が誇るジャズーディオンライブです。
ハーフノートにも出演していただいてる、ベースの粟谷巧さん、ボーカルの玉川健一郎さん、ドラムスの伊藤宏樹さん、ギターの長谷川歩さんが一緒のメンバーて、またハーフノートで奏でてくれるサウンドとは違う音と、ロケーションで、素敵な休日が過ごせました。
休日がすくないので、普段はなかなか他所のライブには行けませんが、このタイミングを逃さなくて、充実した休日がすごせました。 このページのトップへ
昨日も一昨日も、早い時間にオーストラリアからスキーに来られたお客様がいらっしゃいました。
早い時間には、お食事していない方にハッビーアワーのセットがあるのですが、英語が堪能では無いために、中味の説明やシステムの違いを説明するのに、とても時間がかかってしまいました(笑)。
しかし、度胸だけは持ち合わせているので、片言の英語と、写真つきのメニューが役にたち、何とかオードブルとドリンクとピザを選べるプランを、ご家族で頼んでいただきました。
外国からのお客様も様々で、先にミュージックチャージなどの、飲食以外にかかる料金を丁寧語に説明しないと、後で誤解を招くこともあります。
先に説明をするとそのまま帰ってしまう方もいます。
外国のバーなどは、キャッシュと交換で注文品を提供するところも多いので、そのような感覚を持っている方も多いようです。
入り口にも料金は明確に表示してあるのですが、外国人の方向けの、英語表記のホームページ欄も必要かと考えているところです。 このページのトップへ
今年初めてのハーフノートピアノトリオ、メンバーは、ピアノ豊口健さん、ベース粟谷巧さん、ドラムス石橋正彦さんの、世代が融合した素敵な3人のトリオです。
今年も金曜日はトリオで盛り上がっていきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
金曜日は、平日のしっとりとした雰囲気とガラッと変わり、初めて来ていただいたお客様は特に、とても感激されます。
週末のピアノトリオは、ハーフノートのうりでもあります。
ぜひたくさんの方に、ジャズの醍醐味を味わっていただけたら嬉しいです。 このページのトップへ
いつも取っているのりんご農園から、3種類のりんごが届きました。
サンふじ、葉とらずふじ、王林です。
葉をとらずに収穫日を送らせ、完熟させた葉とらずふじは、果汁と甘味が強く、王林は青りんごの代表で、繊細な感じがして気に入っています。
そしてりんごと言えば、やはり人気が高いのがふじ。
私の食べているのはサンふじで、サンというのは無袋栽培のことだそうです。
美味しい野菜や果物、お米でも何でも、美味しいものを食べると、作っている方の苦労や努力を感じ、感謝して食べています。 このページのトップへ
今朝の北海道新聞の朝刊に、ハーフノートで撮影した記事が掲載されました。
年末の忙しい時でしたが、ホットワインについて取材をしたいということで、ご協力させていただきました。
ハーフノートでは数年前から、大通り公園で開催されているミュンヘンクリスマス市に合わせた時期から、冬の間はホットワインをメニューに載せています。
それで、ホットワインを取り扱っているお店の店主として私が、そしてホットワインが好きなお客様として、ピアノの齊藤桃子さんに協力していただき取材を受けました。
お店の宣伝記事ではありませんが、店名と名前だけは載っていますので、ご興味あるかたはご覧下さいませ。 このページのトップへ
今日は雨
明日から天気が荒れるようですので、昼間に溶けた雪が夜中に凍り、そのうえに雪が降ると、本当に運転も歩くのも怖いです。
ミュージシャンの中にも、氷の上で手をついて骨折し、しぱらく仕事ができなくなってしまったり、同じく転んで腕を骨折し入院している間に、毎日演奏していたお店が閉店して閉まったなどということもありました。
私も絶対に転ばないように気を付けていますし、休むわけにはいかないので、細心の注意をはらって、まるでペンギンのように横断歩道を渡っています。
皆さんも、特に夜は気を付けて歩いて下さい。 このページのトップへ
今日は鼻歌まじりでこのアルバムを聞いています。
ハーフノートの壁の、いつもカウンターの私から見える位置ににかかっているレコードジャケット「Carmen McRae~Live at Sugar
Hill」
サンフランシスコのライブハウス、シュガーヒルでのライブ盤です。
ジャケットのほぼ全面、カーメンのセクシーな顔の赤と黒が基調のこのジャケットが大好きです。
サンフランシスコでの録音ともあって、名曲、想い出のサンフランシスコが収録されています。
このライブ盤でこの曲を聞きながら、まだ行ったことのないサンフランシスコの風景を思い浮かべて、今日も満足しています このページのトップへ
今年最初のライブは、長沼発さんのギターと、ボーカルで共演させていただきました。
お客様の反応は、ギターと歌のバランスがあっていて、お互いの息づかいまで聞こえて来るいいライブだったと言われて、年始めはとてもいいスタートがきれました。
これも、歌のことをよく理解してくれて、優しい音色を奏でてくれた、長沼発さんのおかげです。
そして明日からは、長いお休みも終わり、皆さんも仕事始めですね。
ハーフノートのレギュラー陣も出動です。
今年も週の始めは、豊口健さんのピアノソロ。
ベテランになっても、常に進化し続けるピアノ演奏に、こ期待下さい このページのトップへ
ハーフノートは本日3日より、通常営業いたします。
先ほど、今年初のピアノ練習をしていたところ、初めてのお客様が入ってこられ、営業時間を聞かれました。
やっぱり練習しているといいことがあります
ビルも5日から営業のお店が多いのか、外看板を置く場所ががら空きでしたので、特等席の目立つ場所に置くことができました。
実はさっきひいたおみくじに、悪いことばかりが書いてあったので少し気分が落ちていたのですが、いいスタートがきれそうです。
おみくじは、いいのがでるまで、またひきにいきます(笑)。 このページのトップへ
今年も早二日目が終わりそうです。
今日は毎年楽しみにしている大学箱根駅伝を観戦しました。
なんといっても、やはりクライマックスは5区の山登りです。
昨年までは、絶対的エースのいた東洋大学に代わり、往路初優勝の青山学院がダントツのタイムでした。
5区のランナーは、165㎝で43㎏というキャシャで一見弱々しくさえ見える、神野大地選手。
大地という名前が物語るかのように、しっかりとした足取りは大地を踏みしめ、前人未到の参考記録を更新した走りに感激しました。体が小さいために、高校生の時には女子よりタイムが悪く、走るのをやめようと思ったそうです。
努力の積み重ねが実って花開いたランナーに拍手です。
そして、何度も倒れながらゴールインした駒澤大学の選手にも、同じように拍手をおくります。
今年もスポーツは熱いです このページのトップへ

FC2Ad

Information

halfnote2001
  • Author: halfnote2001
  • 札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

    2016年11月、15周年を迎えます

    ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

Search

Calendar

12 « 2015/01 » 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

プロフィール

halfnote2001

Author:halfnote2001
札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

2016年11月、15周年を迎えます

ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

訪問者数

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。