FC2ブログ

ハーフノート(札幌)♪徒然日記

札幌のジャズライブ 「ハーフノート」 の徒然日記

先日、ジャズの通好みのリクエストが続いた豊口健さんのステージ中で、突然中島みゆきの「時代」が演奏されました。
静かなジャズバラードでした。
この幅広く日本で愛される曲が、ジャズピアノのステージでガーシュインの曲続きでも違和感がなく少々驚きました。
名曲の持つ偉大な力なのか、アレンジの妙なのかわかりませんが、どちらもなのだと思います。

日本人が日本の曲を演奏することは本来不思議ではないことなのでしょうが、ジャズの世界では稀少ですね。
洋楽ということなのか、リズムや雰囲気を合わせるのがむずかしいこともあるのかと思います。
ジャズに日本語の歌詞をつけることも、むずかしいといわれていますが。
豊口さんにきくと「日本の曲はむずかしい。かんたんにはやらないけど、自分なりのジャズとして演奏できるなら何でもチャレンジしたい。他の国のポピュラーやフォークソングも」とのこと。

逆に、外国のミュージシャンが日本の曲を演奏することもあります。
セロニアスモンクの「荒城の月」は有名ですね。
ケニーバロンも「リンゴ追分」をラテンで演奏してました。
ベンチャーズも演奏している「Sukiyaki(=上を向いて歩こう)」はヨーロッパやアメリカではポピュラーです。

 ugetsu.jpg

親日家で知られたジャズドラムの神様、アートブレイキーは「UGETSU(雨月)」というアルバムや銀座をうたったオリジナル曲があります。
でも、昔はプロモーターの注文で、来日すると日本の曲をやって(やらされて?)いたそうで、「黒猫のタンゴ」がヒットしていた時も、リクエストが来て演奏したものの「I am Art Blakey!」となき叫んだ、というエピソードがあります




スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

Information

halfnote2001
  • Author: halfnote2001
  • 札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

    2016年11月、15周年を迎えます

    ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

Search

Calendar

11 « 2019/12 » 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

halfnote2001

Author:halfnote2001
札幌のジャズライブのお店「ハーフノート」オーナー安斉優子

2016年11月、15周年を迎えます

ハーフノートHP http://halfnote.zero-city.com/

訪問者数

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR